上級者向け:英語で手紙を書くときのポイント

手紙の書き方。紙に書かれた手紙には独特の力があります。海外への就職を希望している皆さんには、あなたの履歴書が送信先のインボックスで他の人の履歴書と混ざり、その中に埋もれないためにも、紙での送付をお勧めしますよ!海外のお友達への手書きの手紙の書き方も。2つのタイプの書式のポイントをご紹介します!

タイムスタンプ:

フォーマルな書式のTPO 1:38
始め方 2:14
正しい挨拶 2:45
フォーマルな手紙の言葉遣い 4:03
締めくくり方 4:52
Letter of Intentとは 7:00
インフォーマル/ セミフォーマルな書式 8:40

概要:

-フォーマルな書式は仕事上の関係、政府組織、会社組織、就職希望先、所属する会社の経営陣への手紙において使用します
-正しい挨拶は必要不可欠。ファーストネームだけで相手を呼ぶことはご法度。本文では、フルネームと職業上の肩書きで自己紹介をします。
-フォーマルな書式では特定の単語を使用することが大切です。すべての質問はフォーマルに。
-結びの言葉は良いものを選びましょう。疑問点があればすぐに相手から連絡が来るような文を心がけます。
-Letter of Intentは履歴書とともに送る文面のこと。1ページ以内に自分のスキルや資格を相手に売り込みます。
-友達や家族への手紙はフォーマルである必要はありません。年上相手に送るという場合はセミフォーマルを心がけるといいかもしれません

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です