エンパイア・ステート・ビルディングのあまり知られていない事実

エンパイア・ステート・ビルディングの歴史には暗いエピソードや意外な事実がたくさんあります。商業ビルとしては、初めて早期着工方式が採用されました。建設現場では3,500人を超える作業員が働き、多額の賃金が支払われていました。総工費用は2470万ドルでした。
エンパイア・ステート・ビルディングの高さを考えると、自殺志願者が集まるのも無理はありません。最初の自殺に至っては、エンパイア・ステート・ビルディングが完成する前に起こっています。1947年には展望デッキから数人が飛び降りました。自殺防止フェンスが設置されたのはそのときからです。

タイムスタンプ

超高層ビル競争 1:13

企画案に尖塔が加えられた理由 3ː34

エンパイア・ステート・ビルディング建設の掘削が始まったとき 4:10

完成時 7:04

世界一高いビルであった期間 7:48

自殺者数 8:23

エンパイア・ステート・ビルディングの歴史で最も悲劇的な事故 9:30

#エンパイアアステートビルディング #ニューヨークの歴史 #超高層ビル

概要:
- 興味深いストーリーは、1929年に始まります。クライスラーの創業者、ウォルター・クライスラーが、超高層ビル競争に参加する計画を始め、318.8 mのクライスラー・ビルディングの建設を始めたのです。
- 建築予定のエンパイア・ステート・ビルディングの原画は、建築家のウィリアム・F・ラムが描きました。途方もない課題でしたが、彼は2週間で描き上げています。彼の案は合理的かつ論理的です。ビルの中央をトイレと換気シャフト、廊下、エレベーターと郵便投入口のみにし、コンパクトにしたのです。
- この巨大プロジェクトは、たった18か月での完成を予定していました。ゼネコンのスターレット・ブラザーズとイーカンがこの仕事を獲得し、彼らは即座に、この前例のない任務に取りかかりました。
- クライスラー・ビルディングを追い越すには、おそらくラスコフ氏はビルに「帽子」をかぶせることを要求します。エンパイア・ステート・ビルディングに尖塔が加えられているのには、そんなずるがしこい理由があるのです。
- 1930年1月、エンパイア・ステート・ビルディング建設のための掘削が始まります。同時に、工事請負業者はもともとその場所にあったウォルドルフ・アストリア・ホテルを取り壊さねばなりませんでした。
- 未来の超高層ビルの骨組みは、1週間に4階半分という超スピードで建てられました。このプロジェクトは効率性のモデルとなったのです。請負業者とエンジニアは、資金と人的資源、時間を節約するためいくつか革新的な手法を用いています。
- 鉄の骨組みの他に、建設には1000万個のレンガ、18,580.6㎡の花崗岩と石灰岩、47,402.4㎡のコンクリート、そして929㎡の大理石が必要です。その上、27,871㎡の大理石がオフィスの床や廊下、エレベータロビーに使われました。現場の作業員は3,500人以上です。
- エンパイア・ステート・ビルディングは1931年4月11日、予定よりだいぶ早く完成しました。予定されていた18か月でなく、15か月で完成したのです。総工費用は予定では4300万ドルだったのに対し、実際は2470万ドルでした。
- 1931年の完成以来、30人以上の人がここで命を絶ちました。最初の自殺に至っては、エンパイア・ステート・ビルディングが完成する前に起こっています。1947年には展望デッキから数人が飛び降りました。
- ですがエンパイア・ステート・ビルディングの歴史上最も悲劇的な出来事は、1945年に起こります。7月28日、ウィリアム・スミス中佐がビルの北側の壁にB-25爆撃機を衝突させたのです。

音楽:
Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です