目にダメージを与えてしまう7つの事

目にダメージを与えてしまう習慣とは?多くの人は目が見える事を当然の様に思っていますが、実は化粧、水泳など刺激を与えてしまうものがたくさんあり、下手したら視力を失う可能性もあるのです!

音楽
Epidemic Soundより https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ

目を休ませる事なくスクリーンを見る 0:47
期限の切れた化粧品を使う 1:37
つけまつ毛の正しい付け方を知らない 2:32
安いコンタクトレンズを付けている 3:14
化粧品を他の人と分け合う 4:07
鼻をかんだ後に目を触る 5:05
目を開いたまま泳ぐ 5:47

#健康的な目 #目に悪い #目の視力が良い

概要
―何か、仕事のプロジェクトをしなくてはならない場合でも、たまに目を休ませる事が大切。眼精疲労の対策として、20分に一度は目を休ませよう。

―化粧品の期限をしっかり把握しておかないと、無意識に目にリスクを与えている可能性がある。そもそも、化粧品に期限があるという事を知らず、何年も使うという女性も多い。

―接着剤を使ってつけまつ毛を付けるので、湿った環境になってしまい、最近が繁殖したり汚れが溜まる可能性もある。これも、はやり目や不快感、そして腫れの原因になる。

―処方されていないレンズとは、例えばスーパーや服屋さんで購入したものは人の虹彩にフィットしない可能性がある。フィットしないレンズはすりむきの原因になる。表面を傷つけ、角膜にも被害が及ぶ。

―貸す事に別に抵抗がないと思う人もいるかもしれないけど、アイライナー、マスカラ、アイシャドウなどは自分の細菌を他の人に移してしまう可能性がある。もちろん、その逆もある。最近、目に異常を感じているという人は、化粧品を分け合った人もその症状に悩まされてしまうかもしれない。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介  さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です