死にそうな高さから落ちたときに生き残る方法

ありえない高さから落下したら?高所恐怖症と言われている人は世の中の3%〜5%。その他の人でも、とてつもない高さから落ちることだけは考えたくありませんよね。そんな絶体絶命の状況から生き残るポイントをご紹介しましょう。

セルビアでCAをしていたヴェスナ・ヴロビッチさんは、上空10kmからの落下から生還を果たし、ギネス記録に認定されました。彼女は数カ所を骨折したのみで、大きな後遺症もなく快復。彼女並みの運に加えて、落下中に取るべき行動の知識が伴えば、あなたも絶対に助かります!

タイムスタンプ:

1.パニックを抑える 8:53

2.正しい落下姿勢をとる 1:50

3.着地点として森や雪原、湿地、駐車場を目指す 2:30

4.着水しそうなとき 3:55

5.スカイダイビングの着地姿勢を知っておく 4:43

6.頭を守る 5:20

生還者たち 5:48

概要:
-呼吸に集中しましょう。鼻から息を吸い、口から息を吐きます。落ち着くことこそが生存の鍵になります
-体を水平にすることでスピードを抑えることができます。体をX字に伸ばしましょう
-落下方向を多少操作することが可能です。右か左へ移動するには、移動方向の肘を下げ、そちらへ重心を傾けます
-着水しそうな時は体を水面に対して垂直にします
-地面が近づいてきたら、足から着地するように姿勢を変えます。足同士はきつく揃え、膝とお尻で衝撃に備えます
-体の中で最も弱い部位は首と頭。致命傷を避けるためにも、受け身をとりましょう

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です