いびきを防止する簡単な技12選

パートナーのいびきのせいで寝れません、なんてことないですか?なんなら、自分のいびきで起きてしまったという人はどうでしょう?色々思うところはあるかもしれませんが、いびきをかくのは自然なことで、誰にだって起こりえるんです。深い眠りについている時にのどが弛緩して動き始めると、いびきをかきます。しかし、深刻ないびきは不眠症を引き起こしたり、睡眠パターンを崩したり、周りの人の迷惑になります。
ブライトサイドでは、いびきを止めて、不眠症、肥満、不安症などのより深刻な問題を回避するための自然な解決策をご紹介いたします。

タイムスタンプ:
横向きに寝る 0:48

禁煙する1:22

枕を高くする 1:58

もっと水を飲む 2:37

部屋を清潔にする 3:12

健康な食事をする 3:56

アルコール摂取量を減らす 4:44

ビタミンCを摂取する 5:28

ユーカリを使う 6:07

睡眠日記をつける 7:13

天然のレシピを使う 7:54

いびき対策エクササイズを行う 8:39

#いびき #いびきをとめる

概要:
-もし仰向けに寝ているのであれば、睡眠ポジションを変えるだけで、いびきを減らしたり完全に止めたりすることも可能。

-喫煙は体に様々の害を及ぼしますが、鼻の穴やのどの内側を刺激してしまうこともあります。のどが詰まり、鼻から息をすることが困難になるんです。

-低い位置で寝ると、鼻の通りに圧がかかって、呼吸がしづらくなるということが問題。その結果は明白で、うるさいいびきにつながります。

-鼻や軟口蓋には、十分な水分を取らないと粘り気が出る分泌物があります。
それによって空気の通りが阻害され、いびきにつながります。

-いびきにはアレルギーも大きく関係しています。鼻づまりや炎症が起こると、もう体のシステムにはいびき以外の選択肢がないんです!どの方法も効かないのであれば、アレルギーテストを受けたほうがいいかもしれません。

-肥満、特に首回りの肉は、日常的ないびきにつながります。いびきをかく人の多くが、いびきをかかない人よりも首回りが太いことがわかっています。

-アルコールによって、のどの筋肉が弛緩しすぎ、気道が阻害されて、より深刻ないびきを引き起こしかねません。特別な行事を除き、アルコールを日々の生活からなくしたほうがよさそうです。

-いびきを引き起こす気道のつまりの主な理由の一つは、鼻の曲がり部分のつまりです。ビタミンCが鼻の通りを良くして、免疫システムを高め、気管系の健康を改善してくれます。

-ユーカリの葉をスチーム吸入器に入れて、鼻と口から吸入してください。この方法で、就寝前に鼻の通りを良くします。

-パートナーと一緒に暮らしているなら、自分のいびきをチェックしてもらうようお願いしましょう。その日食べたものや寝たときのポジションも書き出しましょう。
-ニンジン2本、リンゴ2つ、レモン4分の1、スティックジンジャー1本、オレンジジュース1杯を混ぜます。それから、就寝間の2,3時間前にこれを飲んでください。
-いびきと戦うためのエクササイズはたくさんあります。その多くは、首とのどの筋肉を強くすることを目的としています。

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です