お腹が鳴ってしまう理由と、それを止める方法

お腹の音を止める方法って?お腹が鳴ると、恥ずかしいですよね!仕事でプレゼンをしている時なんかにお腹が鳴り始めると、誰からも注目されてしまいます。おやつを食べると鳴りやむ、と思っているかもしれませんが、食べる事が必ずしも解決策ではありません。

幸いな事に、お腹のうるさい音はほとんどの場合簡単に止める事ができます。例えば、ハイデルベルク大学病院が2008年に実地した研究では、食後に散歩をする事によってお腹の中の食べ物が早く動くので、コーヒーを飲むなどの他の手段よりも成功率が高いという事を明らかにしました。お腹の音を止める方法はトライアンドエラーにはなってしまいますが、いくつか試してみたいコツがありますよ。

音楽:
Epidemic Soundより https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ

お腹が鳴る理由 1:15
止める方法 2:40
食事の後、散歩に行く 2:59
水をたっぷり飲む 3:38
ハーブティーを飲んでみる 4:11
時間をかけて、ゆっくり噛む 4:43
ガスの多い食べ物は避ける 5:30
ご飯はゆっくり食べる 6:22
ニンニクを食べてみる 7:10
食べる 8:16
  

概要:

―お腹の音は、消化している時に起こるのが一般的。消化している間、小腸と大腸は食べ物の処理や収縮するのに力を入れているからこそ、お腹が鳴るのも普通な事。

―空腹であればあるほど、音を吸収するものがないので音もうるさい。

―水をたくさん飲むと、実は消化の手助けにもなる。食事中や、食後に水を飲むと消化もスムーズになる。

―好きな味のハーバルティーを次の選択肢の中から選んでみよう:生姜、カモミール、ペパーミント、タンポポの根、そしてフェンネル。これらのお茶は消化の手助けをしてくれると言われていて、腸の筋肉をリラックスさせるので蠕動によって引き起こされる収縮がそれほどはっきりしない。

―ほとんど噛まずに食べ物を飲み込む癖があるという人は、その食べ物を消化する消化器系に負担がかかっている。つまり、お腹が鳴ってしまう可能性も高くなる。

―豆や生野菜などの健康的な食べ物でも、お腹の張りやガスが溜まる事があるので注意が必要。

―ご飯を早く食べると、空気を飲み込んでしまいお腹にガスも溜まる。影響するのは消化だけではないー食べ過ぎてしまうので、体重増加のリスクも高まる。

―ニンニクには、アリシンと呼ばれる成分が入っている。この化学物質は、お腹の大きな音やゲップの原因でもある胃炎に役立つと言われている。

―空腹の状態でお腹がグーグー鳴っているのであれば、必要な物を食べ物のみ。お腹の音を抑えるためにも、しっかりと定期的に食べよう。家にいない場合は、お腹が空いた時に摘まめるお菓子を持ち歩くと良いかも。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です