ちょっと賢くなっちゃう驚きの動物トリビア15選

驚きの肉体的・精神的スーパーパワーを持つ動物って?基本的な生き残り能力においては、人間はちょっと怠け気味。管理された気候の中で生き、お店で買った食べ物を食べるのに慣れきってしまっています。そんな風に人間が暢気に構えてる一方、火事で生き残ったり、体を生え変わらせたり、厳しい環境から体を守ったりする能力を持った動物がたくさん存在。
例えば、カラスは数を数えたり見分けたりできると証明されたのは知っていますか?研究では、視覚的、あるいは別の方法で与えられた数関連の刺激に対して、どのようにニューロンが反応するかということを詳しく見ています。その結果、カラスは異なる数字を「見分ける」ことができるということが明らかに。

タイムスタンプ

ハリモグラ 0:58

馬 1:51

金魚 2:23

カラス 2:53

ゾウ 3:18

ハチドリ 3:43

アフリカモリアオガエル 4:20

アイベックス 4:46

キタオポッサム 5:14

カバ 6:16

イルカ 6:42

コトドリ 7:15

メキシコサンショウウオ 8:01

トゲマウス 8:25

テッポウエビ 9:02

#驚き動物#動物の事実

概要:
-休眠とは冬眠の一種で、動物は新陳代謝と体の体温を下げます。これによって、ハリモグラは少し耐火性が出るんです。さらに、お気に入りの小さい動物たちが火事を切り抜けられる可能性は低いので、火事のあとの食糧難の時期には寝てしまえます。
-サセックス大学の動物行動学の教授であるカレン・マコム氏が指揮した研究では、馬が表情を読み取って、気分や感情的な状況を覚えて、それに応じて反応できることを示しています。
-オックスフォード大学の科学者は、金魚が馴染みのある顔と知らない人のかを見分けることができることを示しています。だから誰か新しい人が来ると、魚ってちょっとシャイになるんです!
-一秒に8~200回羽ばたき、時速97キロまで出せるハチドリは、ユニークで興味深い動物です!前方、後方、横、真上に飛ぶことができる唯一の鳥がハチドリ。なんと後方でんぐり返しまでこなします!
-カメルーンに棲息する変な見た目のアフリカモリアオガエルですが、危険が迫った時の反応を知ったらより奇妙な生き物だと思うはずです。自分の骨を折って、足指の膨らんだ部分からかぎづめを出せるんです。
-無意識の防衛メカニズムである「擬死行動」のお陰で、捕食者はオポッサムに何もしません。見た目も匂いも死んでいる動物にしか思えないからです。オポッサムは危機を回避すると、意識を回復して素早く逃げていきます。
-カバには肌に特別な腺があって、ここから赤い油っぽい液体を分泌します。これは、撥水剤、保湿剤、抗生物質として機能。
-イルカは、自分の周りの環境に完全に意識を飛ばしながら寝るために目に片方の脳を睡眠中も使用します。イルカにとっては、必要なことなんです。溺れたり獲物になるリスクを冒したりすることになるため、陸上の動物のようには寝れません。
– メキシコサンショウウオは、新しい血管、腱、筋肉、骨、そして神経までも数か月で再生できるすごい能力の持ち主!新しい脳を作り出すことすらできるそう!
-テッポウエビは数センチ程度しかありませんが、時速97キロで移動する泡を作り出して、218デシベルにも及ぶ音を出すことができちゃうんです。わかりやすいように例を出すと、人間の鼓膜は160デシベルで破裂します。

Music:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です