心理学者による質の良い睡眠を取る方法

睡眠の問題を解消するためには、どうすれば良いのでしょう? 快眠だった!と最後に思えたのはいつですか?昨日ですか?昨年でしょうか? それとも子供の頃?よく眠るということは、頭を枕の上に置くのと同じくらい簡単だったはず! そして、あっという間に夢の中に飛び込めたはずです!体の痛み、睡眠時の姿勢、そしてその時の気分など様々な要因があなたの睡眠周期を乱し、起床時に疲れを引き起こします。では、どうすれば良いのでしょう?
毎日の起床時間と就寝時間を設定してみてください。 週末にもこの習慣に従い、体内時計を混乱させないようにしましょう。 こうすることにより、自分の体が就寝時に自然とシャットダウンし始めるので、不眠症に対してかなり効果的なはずです。心理的には、心が落ち着くので、毛布に包まれたらすぐに眠りにつけるようになるでしょう。今回の動画のトピックは快眠!快眠を手に入れるための7つの重要なヒントを一緒に学んでいきましょう。

タイムスタンプ:

もし眠れなかったら、起きる 1:26

寝室を快適にする 2:53

リラクセーション療法を行う 4:14

習慣的な睡眠は良い睡眠である 5:51

認知行動療法(CBT)にトライしてみる 6:51

適切な枕を購入する 8:10

一番適切な睡眠の姿勢にトライする 9:25

#良い睡眠 #不眠症 #睡眠障害

音楽: 

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/
概要:
– 心理学者のシェリー・バーグ・カーター博士いわく、15分から20分以内に眠りに付けない場合は、起き上がって余り刺激のないことを行ってみるのが一番良いんだそうですよ。 言い換えれば、自分の脳があまり魅力的だとは思わないようなリラックス出来ることを行うということです。
-夜中に、目を覚ましてしまうような、騒音がないかどうかを確認してください。もし外部からの騒音の量を下げることができない場合は、耳栓を使用してみると良いでしょう。部屋が十分に暗くないのであれば、窓にブラインドを取り付けるか、安眠マスクを着用してみましょう。
– 横になって筋肉をリラックスさせてみましょう。体のさまざまな部分に焦点を合わせていきます。 頭と首から始め、つま先に達するまで、あらゆる筋肉をリラックスさせてみてください。 すべての筋肉から完全に力を抜き、緊張している部分が無いか確認してください。
– CBTは、人の誤った信念を再検討させるための特種な治療法です。 睡眠に対しては、次のような効果があります:ある人が、眠りにつくことができないという信念を持っているとします。それゆえ、その人は就寝時間に寝ようとせず、それが更に次の就寝時間の際に、恐怖につながってしまうというもの。
-自分にピッタリの枕は、寝る体制により変わってきます。仰向けで寝る派なら、あまりにもふわふわなものではなく、首を支える為に底の部分が、しっかりとしている枕を購入してみてください。横向きで寝る派の場合は、首とマットレスの間のスペースを埋める効果のある枕を購入してください。
-最も適切な睡眠の姿勢とは、我々の体を自然な位置に保ち、関節に圧力をかけず、胃酸の逆流を防いでくれるもの。 これ、実は仰向けの姿勢。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です