時を経て変わっていった女性たち

女性の美しさの概念は時を経てどのように変化していったのでしょうか?周りにあるものすべてが劇的に変化していく時代を生きているわたしたち。技術、ファッション、ライフスタイル、人々そのものや物事に対する姿勢など。女性の美しさの理想が時と共に変化しているのを見てみるととっても面白いですよね。女性がそのような概念に合わせていこうとしてる様も興味深いところです。今回は、地球の女性の中で起こった変化をお見せするとともに、これらの変化を現代と比較。女性たちの今と昔をあらわすイラストをご用意しました。

タイムスタンプ

大きければ大きいほどよし 0:36

体を隠す布のサイズ 0:57

ヘア 1:13

女性らしく 1:33

女性のスキル 1:56

女性と技術 2:14

友達との貴重な時間 2:34

妊娠と出産 2:56

日焼け 3:15

コスメ 3:29

無重力ヘア 3:49

「イケてる」のコンセプト 4:12

眉毛 4:25

#女性の美 #美のスタンダード #美のコンセプト

概要:
-大きければ大きいほど良いというのは、体じゃなくてヘアだけに通用。
– 体を覆う布のサイズは益々縮小。
-髪はどんな色でも長さでも女の命。
-女性らしく見せることは、いつもドレスを着ていることではありません。
-より多くの女性がスキルや能力を身につけていて、もうとどまるところを知りません。
-友人との大切な時間は神聖と言ってもいいもの。でもだからと言って静かである必要はありません。
-妊娠と出産がもっと快適になって、サプライズが減少。

ガチの貴族は、全力で肌の白さを求めるのではなく、太陽の光を存分に堪能。
-現代の女性ってナチュラルに見えるけど、こう見せるためにたくさんのコスメを使用。
– 無重力ヘアはそろそろヤバイ。
– 「イケてる」って考え方が良い方向に変化。
-眉毛だけは異次元。たくさん変化してこれかも変化し続ける眉毛の形とサイズ。

Music:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です