日光浴が体に与える影響 – 本当に知っていますか?

日光浴は体に良い?それとも悪い?日焼けはするべきかしないべきか、それは常に論争のタネになりますね。日光浴は健康に悪影響を与え、深刻な病気を引き起こす原因になると断言する人もいれば、太陽光を浴びることは精神衛生上良いことであり、積極的に浴びるべきという人もいます。

知っている人も多いのではと思いますが、日光を6時間以上浴び続けると体内の免疫システムが弱まってしまい、常より活動がわずか3分の1にまでダウンしてしまいます。これにより、皮膚ガンや皮膚感染症のリスクが高まってしまうのです。さらに日焼けは、体内の病原菌を排除するためにある白血球の機能や活動に影響を与えると話す科学者もいます。その影響は最大でも24時間は続くだろうと見られています。

タイムスタンプ

目 1:10
唇 2:08
髪の毛 2:49
つめ 3:23
顔 3:47
免疫系 4:27
肌 5:01
血管 6:33
メラノーマの危険性 7:14
日光浴のメリット 8:04
いくつかのルール 10:37

#日光浴 #日光浴のメリット #健康への悪影響

概要:
-目を太陽光に長時間晒してしまうと、角膜が紫外線によって深刻な傷を負ってしまうことがあります。もはや火傷のようなもので、雪眼炎や光線角膜炎とも名付けられています。

-唇というのは人の体の中で最も弱い部位の一つです。唇を覆っている皮膚細胞というのは通常わずか4層しかありません。ちなみに他の部位は13層から15層です。さらに、唇には皮脂腺や感染がありません。従って、日光浴中に真っ先に乾燥しヒビ割れを起こしやすいのです。

-日光浴をしていると髪は水分を失ってしまう、乾燥しもろくなります。つまり髪の毛はボサボサになり、輝きを失ってしまいます。

-太陽の下に長時間いると、爪が乾燥してきます。乾燥は爪を弱く脆いものにしてしまいます。簡単に割れたり、表面が剥がれたりするようになるのです。

-一部の皮膚科専門医たちは、人の顔に出てきたシワのおよそ80%は太陽が原因であると話しています。

-知っている人も多いのではと思いますが、日光を6時間以上浴び続けると体内の免疫システムが弱まってしまい、常より活動がわずか3分の1にまでダウンしてしまいます。これにより、皮膚ガンや皮膚感染症のリスクが高まってしまうのです。

-血管というのは皮膚の表層にも無数にあります。基本的に全てを肉眼で見ることはできません。しかし、長時間日に晒されていると、毛細血管は膨張するようになり目に見えるようになります。

-メラノーマという悪性黒色腫は、メラノサイトが損傷を受けた状態で分裂した時に現れます。突然変異というもので、太陽光への過度の露出が悪性種を作る結果につながるのです。

-体の筋肉を温め、強張りを和らげることで、日光は関節炎など炎症による強い痛みを軽減してくれます。

-歯の専門家たちによると、日光は歯を健康で強く保つために必要な要素だといいます。統計的に言えば、イギリス北部の子供たちは南部の子供たちよりも3倍の虫歯が見つかっているのです。

-1時間半ごとに日焼け止めを塗り直しましょう。水の中に入るなら、より頻繁に塗り直さなければなりません。肌の保護無しで太陽の下を15分以上いてはいけません。特に午前10時から午後2時までは外に出ないようにしましょう。100%UVカットのサングラスをかけましょう。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供 https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です