歯を白くするために家でできる8つのステップ

多くの人が、白い歯は生まれつきのものだと思っています。生まれつき白いか、白くないかなので、どうしようもないと考えているのです。嬉しいことに、実際は違います。特別な歯磨きのテクニックで、白く輝く歯が手に入るのです。歯を白くするための最初のステップは、正しい道具を選ぶこと。歯ブラシ、歯磨き粉、そしてマウスウォッシュも、輝くようなスマイルために、重要な役割を果たします。
歯のお手入れは毎日行わねばなりません。キャサリン・W・ウィルソン医師によると、歯は一日2回磨かなければならないそうです。起きてすぐと寝る前です。朝は、寝ている間にたまったバクテリアと歯垢を落とします。口の健康を守る唾液が寝ている間は乾いてしまからです。寝るまえに、歯についた食べ物のかすを落としておくべきなのもこのためです。また、必要に応じてデンタルフロスも使いましょう。目覚ましい結果を得るための歯のお手入れ方法を知りたい方は、ぜひこの動画をご覧ください!

タイムスタンプ:
正しい歯ブラシを選ぶ 0:55

正しい歯磨きを選ぶ 1:40

マウスウォッシュに注意する 2ː25

正しい磨き方で歯を磨く 3ː22

歯ブラシを定期的に取り換える 4ː03

歯を白くする食生活にする 4:49

敵を知る 7ː17

毎日歯のお手入れをする 9:15

#whiteteeth #hollywoodsmile #teethwhitening

概要:
‐ 輝くような笑顔を手に入れるのが目的なら、ブラシにゴムの挿入されたものを選びましょう。このタイプの歯ブラシは、ゴムの部分が歯をよくこすって磨き、歯を白くすることに特化しています。
‐ 多くの研究が、歯を白くする歯磨きの研磨剤は、歯にダメージを与えないとしています。エナメルに与えるダメージは他のタイプの歯磨きより多いということはない、ということです。
‐ 歯を磨き終えたら、舌も磨きましょう。そうすれば、口臭の大きな原因となるバクテリアの増殖を防げます。
‐ 白い歯を手に入れたいなら、毛先が広がってきたらすぐに歯ブラシを取り換えましょう。まだ使い始めて2か月たっていなくてもですよ。
‐ ブロッコリーやカリフラワーといった野菜は、生で噛んで食べると歯を白くしてくれます。
‐ ナッツや種はすばらしいスクラブ剤となります。アーモンドやくるみ、ヒマワリの種などを食べると、独特の食感がスクラブのように歯のエナメルについた汚れを落とします。
‐ 乳製品は、歯のエナメルについたしみを分解してくれる唾液を出やすくします。さらに、チーズには乳酸が含まれ、歯を白くする効果があります。
‐ セロリは水分含有量が非常に多く、歯の間に詰まった食べ物のかけらを落として、歯茎を強くしてくれます。
‐ 歯にしみをつけたり、歯の色を暗くしてしまうものもあります。例えばブルーベリーやビート、アイスキャンディー、トマトソース、しょう油、バルサミコ酢などです。

音楽:
Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です