いつのまにかパソコンが汚れまみれ!簡単な10の掃除方法

空気中の埃がパソコンやノートパソコンの中に入り込み溜まっていくと、知らない内にデバイスが正常に作動しなくなってしまいます。その状態が更に続くと、内部の部品がショート、破損してしまう事態に繋がります。今回ブライトサイドはパソコンをピカピカにするための簡単な10の掃除方法をお教えします。

吸引力の高い掃除機は、パソコンから埃やゴミを取り除くのにも使うことができるのを知っていますか?今度家の中を掃除するときは、ついでに本体やキーボード、スピーカーも一緒に掃除してみてください。ただし掃除をする前に、ヘッド部分を取り外してから行ってくださいね。他のアドバイスも気になりますか?ぜひ動画を見てくださいね!

タイムスタンプ:
液晶画面の掃除はマイクロファイバータオルで 0:46
強い化学薬品は使わない 2:00
歯磨き粉を使って傷を修復 2:58
ヘアドライヤーを使って埃を吹き飛ばす 3:54
手動式エアブロワーを使って、除去しにくい場所に溜まった埃を掃除 4:57
掃除機を使って埃を除去 5:41
バターナイフを使って、キーボードとマウスを掃除 6:09
おしりふきを使ってキーボードの掃除 7:37
キーボードのキーに付着した手垢を落とす 8:34
爪楊枝を使って汚れを掻き出す 9:17

#汚れたパソコン #キーボードのクリーニング #パソコンの問題

概要:
-パソコン画面に溜まった埃を拭き取りたい場合は、荒い布やペーパータオルを使ってはいけません。これらを使うと、糸くずや吸着しきれなかった埃が下に落ちます。そして、キーボードの隙間に入り込んでしまうのです。画面を拭く一番の方法は、マイクロファイバータオルを使うことです。

-濡れた布で拭く場合は、アンモニア、アセトン、アルコールを含んだ化学薬品を使わないでください。これらの成分は刺激が強すぎるため、キーボードの塗料を禿げさせてしまいます。

-画面の傷の修復に使うものは少量の歯磨き粉。ジェル状のものは使わないでくださいね。また研磨剤やホワイトニングのための顆粒が混ざっているようなものもいけません。傷を増やしてしまいます。

-キーボードボタンの隙間にはしばしば汚れ、埃、ゴミが溜まります。そこで必要なのはごく普通のヘアドライヤーだけです!

-埃は表面だけでなく掃除しにくい場所にも溜まっていくものです。布やドライヤーでも除去しきれない場所を掃除するには、エアブロワーやゴムポンプを使うのが最適です。

-取り外し可能なボールが使われているタイプのマウスである場合は、マウス全体のクリーニングをする前に取り外しておきましょう。カバーを捻ってボールを取り出してください。ボール自体をきれいに拭くには、用意した液体で湿らしたタオルを使ってください。

-キーボードの掃除から始めましょう。まずはキーボードを掴んで裏返しにしてください。ノートパソコンの場合はそのままひっくり返して上下逆さまにしましょう。

-キーボードを長く使っていると、あなたの指先に触れ続けたキーボードに手垢が付着するようになります。この汚れは、実は鉛筆に付属した消しゴムを使って簡単に取り除くことができます。

-端子部分、冷却ファンなど狭い隙間には、埃や汚れが溜まり詰まりやすいものです。そして、こういった隙間をきれいにするのに役立つのが爪楊枝です!

音楽:
エピデミック・サウンド社提供 https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です