お尻を丸くする5分間エクササイズ

丸く引き締まったお尻に憧れませんか?憧れない人なんていないんじゃあないでしょうか!臀部の筋肉は、エクササイズをしないと重力に屈して平たいお尻になってしまうのです。でも恐れることなかれ!今回の動画では、臀筋の引き締めに効果的な5つのベストエクササイズをご紹介。これで、パンツでも、スカートでも、ショーツでも素敵に着こなせちゃいますよ!なんてたって、1日5分でできちゃうんです!
これからご紹介する運動の前には、必ずウォームアップを行いましょう。そうすることで怪我のリスクも下げることができます。完璧に引き締まった臀部の筋肉は、脂肪の層に隠れていることも覚えておいてくださいね。理想的な数値より高い体脂肪率をお持ちの方は、まず脂肪を減らしてから引き締めエクササイズを行うほうがいいかもしれません。体重を減らしてお尻引き締めるために、ランニングマシンを使う際は、傾斜モードか階段上りモードを使うようにしてみると良いでしょう。

タイムスタンプ:

グルートキックバック 1:14

ルーマニア式デッドリフト 3:35

ハイキックを取り入れたスクワット6:06

エクステンデット・レッグ・Vリフト 8:08

スレンダースクワット9:42

#丸いお尻 #引き締まったお尻#家エクササイズ

概要:
-素敵な丸いお尻に憧れているのなら、スクワットと大親友になりましょう。スクワットは、お尻の引き締めと形作りのために最適な動きのひとつ。しかし、ノンストップで普通のスクワットを何時間も行いたい人はいませんよね。このエクササイズはちょっと違って、様々な動きをするので飽きませんよ。
-デッドリフトは、臀筋とハムストリング筋にとっても効果的です。
腹筋、背筋、三角筋、上腕三頭筋にも効いて、お尻の可動性を改善します。
動きをもう少しハードにしたい場合は、より重いウェイトを使用するといいでしょう。
-スクワットは、臀筋、ハムストリング筋、大腿四頭筋に効きます。でも、色々組み合わせたスクワットの動きを行うことで、腹筋、腹斜筋、下背部の筋肉、そしてふくらはぎの筋肉も鍛えることができます。そうなんです、スクワットは全身エクササイズになり得るんです!
-足のポジションに悩んだら、足で空中に大きく「V」を書くことを想像してみてください。肘を床においた際に、肘が体の下に入り込まないように。肘は肩より上、ちょうど顔の下に来るように固定し、背中の筋肉も使うようにします。背中は、内側にも外側にも曲がっていないことを確認してください。
– 今回のエクササイズは、5分間でできるもの。なので、すぐ終わりますよ。太ももが床と平行になるように、低くスクワットすることを忘れないようにしましょう。バランスを崩したら、足の位置を確認します。もしかしたら、近すぎるのかも知れません。足が肩幅にきちんと開けていたら、バランスの取れた安定したポジションであるということがわかります。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です