アメリカ警察が教える誘拐されたときに生き残る10のポイント

多くの人は自分が誘拐されるなんて夢にも思っていませんよね。でも、人が誘拐される確率は常に存在しているんです。そんな時に取るべき行動を知っておけば、無傷で脱出することができるかもしれません。

さらわれてしまった時は、誘拐の被害者のほとんどが生還することをしっかり思い出すように。パニックを落ち着かせることが、生還への第一歩です。相手に対して攻撃的な態度は取らないように。落ち着いて行動しましょう。その他のポイントは、動画の本編にてご覧ください!

タイムスタンプ:

1.自身の安全を考える 0:58

2.誘拐された直後 2:05

3.逃げ出すことができなかった場合 3:08

4.気をしっかり保つ 3:59

5.行動計画を立てる 4:28

6.犯人との関係を築く 5:03

7.捕まっている間にすること 7:08

8.脱出のタイミングをはかる 8:34

9.救助隊の邪魔はしない 9:18

10.子どもに安全ルールをちゃんと教えておく 9:58

概要:
-身の安全を第一に。暗い夜道を一人で歩く時は複数人で行動します
-誘拐直後の数分間は、パニックを抑え、状況を分析します。誘拐は犯行直後が最もハイリスクな瞬間。下手に脱出を試みてもうまくいかないだろうと感じたら、リスクは取らず、おとなしくするようにします。
-犯人や自分を取り巻く状況、車が走るルートを覚えます
-誘拐の目的を知るようにしましょう。犯人とのコミュニケーションをとる際のヒントになります
-犯人との絆を作ることができれば、危害を加えられる可能性は少なくなります。相手を思い通りに動かそうとはしないこと
-自分の精神が壊れないように努めます。頭の中を常に忙しい状態に保ちましょう
-相手に乱暴に扱われるようになった、食事を与えられなくなった、目の前で覆面をしなくなった、などは危険のサイン。すぐに脱出するようにします
-警察が近くまでやってきたときは誘拐犯から隠れましょう。頭を覆い、ベッドやテーブルの下に身を隠します
-子どもには見知らぬ人からものを受け取ってはならないと教育しましょう
-大人であれ、子供であれ、誰かが助けを求ていても、助けに行ってはいけないことを子どもに教えましょう。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

宮司道章造 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です