あなたの頭をシャープにする簡単な10のエクササイズ

脳の機能を研ぎ澄ませる方法。年と共に脳の灰白質は衰えていき、記憶力は悪くなっていきます。でも、脳をいつまでも若々しくするための簡単な方法があるんです。脳は筋肉のようなもの。その機能の維持にはトレーニングが欠かせません。

利き手とは逆の手を使ってみたり、目を閉じて家事を行ってみたり、小銭を手で探ってみたり、語呂合わせを使ってみたり。脳に良い食事というものもありますよ。日々これらのトレーニングを積むことで、年齢にかかわらずはっきりとした脳の力を維持することができます!

タイムスタンプ:

1.利き手ではない手を使う 1:16

2.目を閉じて家事をする 3:03

3.ルーティーンをごちゃまぜにする 4:15

4.新しい視点でものごとを見る 5:13

5.釣り銭でトレーニング 6:13

6.食べたことがないものを食べてみる 7:02

7.音読をする 8:30

8.語呂合わせを使う 9:54

9.脳に良い食事を 10:49

10.社交的に 11:50

おまけ:すべての感覚を同時に使用する 13:14

音楽
Upstairs_With_Cat
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

– 普段の作業は利き手でしてしまいがち。もう片方の手にそれをやらせてみましょう。左脳は体の右側を、右脳は体の左側をコントロールします
– シャワーを浴びたり部屋から部屋へと移動したりする行動を目を閉じて行います。触覚や空間把握力に頼りましょう。こうすることで、普段使わない脳の領域を活性化させることができます
-日課をいつもとは異なる順番で行うことで、脳力をアップさせましょう。朝食の前にシャワーを浴びたり、起きてすぐに猫に餌をやったり、など
– 見慣れたものを変わった視点で見ることで脳が視覚情報を新しく処理するようになります。上下逆さまや前後逆などを試してみて
– 小銭や小物を暇のあるときに手で探ってみましょう。サイズの違うコインをカップに入れて車に置いておき、赤信号で止まった時にはそれを手で探るなど
– 新しい料理を食べるという新体験は新しい感覚を開き、神経回路を形成するきっかけになります
– 音読は物語に没頭させてくれるだけでなく、脳を活性化させ、登場人物に成り切ることだってさせてくれます。もちろん、読む内容も定着しやすく、勉強の方法としては最適です
– 水金地火木土天海冥などで有名な語呂合わせ。太陽系の惑星を覚えるためのものは有名ですね。他にも味噌汁は?で、ト音記号の音を覚えることもできますよ
– 脳が適切に働くためには、ビタミンや脂肪が必要です。それらの食品はクルミ、ココナッツオイル、ターメリック、ブルーベリー、卵、ブロッコリー、アボカドなど
– 外へ出て社交的になることで、認知能力を大幅にアップさせることができます。セルフレジや自販機を使うよりも、レジの人と言葉をかわすようにしましょう
– 複数の感覚を組み合わせた複雑な行動、例えば旅行やガーデニング、DIY、ミーティングの最中のメモ、料理、子どもの世話などはあなたの脳を活性化させます

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です