睡眠中に垂れてしまうよだれの予防法

睡眠中、どうしてよだれが垂れてしまうのでしょうか?大抵の人は、ある年齢まではよだれで枕を汚した経験があるかと思います。習慣的に多量のよだれが出る場合、それは何かしらの疾患であるか、身体におけるなんらかの機能不全のサインだという可能性があります。今回ブライトサイドはよだれが垂れる理由、そしてその防止策をお話しいたします。

過度のよだれは過流涎とも呼ばれ、鼻づまりや神経疾患によって引き起こされているものかもしれないのです。脳卒中患者や多発性硬化症などの健康問題を患っている場合、より頻繁に、より過度に唾液が分泌される傾向にあります。ですが、もしもあなたのよだれがそうした疾病由来でないのなら、それを止める方法はあります!

タイムスタンプ:
寝る姿勢を変えてみましょう 2:50
マウスピースでよだれが垂れるのを止めてみましょう 3:55
睡眠時無呼吸症候群ではないかチェック! 4:46
薬の副作用でないか確認しましょう 5:52
頭を上げて寝てみましょう 6:47
神経系の問題がないか確認しましょう 7:56
鼻づまりを治しましょう 8:45

#よだれ #過流涎 #多量のよだれ

概要:
-横向きやうつ伏せで寝ると、よだれを垂らしやすいだろうことは想像できると思います。つまり、しっかり仰向けに寝ていれば、唾液は口の外に溢れることなく安眠できるのです。

-よだれ防止用の医療用マウスピースを使うことは本当に効果的なんです!歯科医に相談をすれば、あなたの口腔サイズに適した、よだれを減らすためのマウスピースを作ってくれるでしょう。

-睡眠中に呼吸がスムーズにできない睡眠時無呼吸症候群は、決して楽観視できないものです。浅い呼吸しかできず、夜中に何度も呼吸を止めてしまうのです。この状態では睡眠が途切れがちで、良質の睡眠をとれず、朝まで疲れを残し、一日中眠気と戦うことになってしまいます。

-よだれが垂れてしまうのは、夜中飲み込めていないわけではなく、体が多量の唾液を作り出してしまっていることが原因の場合があります。そして、それは薬の副作用かもしれないのです。

-少し高い枕を使って頭を上げて寝ると、よだれを減らすことができるんです。羽毛の枕ならしっかりと毛が立っている状態で使って寝てくださいね。もういつ枕を変えたか覚えてないや、というあなた。是非この機会にしっかり首にフィットしたいい枕に買い替えてみましょう。

-もしも神経系に何か問題があり、医師が治療の必要があると判断した場合、唾液治療のための特殊な経口薬や、医療用パッチやを処方してくれるでしょう。

-よだれの原因として最も多いパターンは鼻づまりです。鼻が詰まって空気が通らなくなると、自然と口呼吸をしてしまい、よだれが垂れやすくなります。鼻づまりを治すだけで、夜中枕を汚してしまう可能性はグンと減ってくれます。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供 https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です