要らないものを買ってしまう10の理由

要らないものをつい買ってしまった経験はありませんか?ブーツを買いに行ったはずが、コートにクッション2つにフラミンゴのおもちゃを手に帰ってきてしまったり。予算オーバーしてしまうこともしばしば。実はそんな買い物の裏には、心理学の力が働いていたんです。

例えばディドロ効果。これはある新しい商品を買ったときに、その他も全てを買い換えようとしてしまう心理現象のこと。買い換えたものが、またその他のものを見劣りさせてしまうことになり、このプロセスは永遠に終わることがありません。その他の現象は動画の本編をご覧ください!

タイムスタンプ:

1.ディドロ効果 0:58

2.スノッブ効果 2:54

3.バンドワゴン効果 4:05

4.将来のための買い物 5:18

5.衝動買い 5:56

6.サブリミナル効果 6:58

7.セール品 8:23

8.格安商品 9:09

9.売り込み 9:58

10.恐れ 11:19

概要:
-ディドロ効果の影響を受けていると思ったときは、商品に対する期待が大きすぎないかどうかをチェックします。
-目立ちたいがために商品を購入する行動はスノッブ効果の影響下にあります。
-バンドワゴン効果はスノッブ効果の反対。流行に乗り遅れないために商品を購入することを指します。
-衝動買いはポジティブな感情の欠落が原因です。ストレスなどと戦うための別の方法を探すようにしましょう。
-BGMや暖色、アットホームな香りが購買客の無意識に影響を与えるのです。
-セールは様々な方法で行われますが、結局要らないものを買わされてしまいます。
-今お金を節約するために格安商品を買ってしまうと、将来かえって高くついてしまうことに。
-売り込みに長けた店員に惑わされないためにも、買うものはしっかり心に決めて入店しましょう。事前調査も効果的です。
-人は理由のあるなしにかかわらず恐れを抱きます。購入予定のなかった商品を諦めるとき、次のチャンスではお金がないかもしれないという心理が働くのです。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です