舌を使って口笛を吹く3つの簡単な方法

みんなは口笛、吹ける?口笛を拭こうと何度も試してみたのになかなかできないという人は、今が克服するチャンス!口笛を吹く方法はたくさんあって、舌、唇、そして指を使うやり方があります。やり方を覚えると日常や時間が経つのも楽しくなり、周りからも褒めてもらえるかも。

非公式な世論調査によると、67%の人が口笛を吹けない、もしくはあまり上手じゃないと答えています。口笛を吹かない人は、上手に吹けるようになる事が不可能な事だと思っていて、自分の能力を超えてると思い込みーだからこと、諦めてしまいます。そのような人は、自分の遺伝、口の形、唇の形、もしくは舌の幅のせいにしがちなんです。今回のビデオでは、舌を使って鋭く響きのある綺麗な口笛を吹く方法について紹介していきます。

音楽:
Epidemic Sound より https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ

やり方 1 2:25

やり方 2 3:32

やり方 3 4:25
おまけ。一般的なやり方 5:47

概要:
―まずは唇を、すぼめてみて。コツとしては「うー」[うー]と言うように唇を位置してみよう。舌を、口のてっぺんの方に移動させて舌の先を二つの前歯の真後ろに置いてみよう。準備ができたら、息を吐いてみて。正しくできると、高い音がでるはず。この音は、どのくらいの吐く空気の量によって変わってくる:強く吹けば、音も高くなる。

―唇を歯の方に押し戻そう。歯茎だけで笑う赤ちゃんを想像みて!指を使って、唇が歯を完全に覆うように位置してみると良いかも。鏡で口の準備がちゃんとできているかチェックしてみよう。

―このやり方では、舌と2本の指を使う。どの指を使うのか、事前に決めておこう。指を使って唇をちゃんとした位置に持ってくる必要があるので、しっかりその位置に持ってこれるくらい十分な強さの指を遣おう。指の組み合わせとして例えば、人差し指、中指、そして小指なんかが良いかも。ほとんどの人にとっては、右手の親指と人差し指を使うと簡単にできるそう。

―どのやり方もなかなか上手くできないという場合には、口笛を吹く時の一般的なやり方を試してみると良いかも。ものすごく簡単で、唇をすぼめて口の中で舌をリラックスさせ、を吹く。吹く息の量に気を付けよう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です