ヘビに出会った!さぁどうする!?

ヘビ恐怖症ですか?無害な草むらのヘビであっても、ヘビとの遭遇を心地よく感じるひとはあまりいないかと思います。思いがけずにヘビと直面してしまうのは、とても怖い経験ですよね。今回は、ヘビに毒があるかどうかを見分けるための特定のサインをご紹介します。
爬虫類学者によれば、毒のあるヘビと毒のないヘビとの間にはある違いがあります。しかし、世界中にはたくさんのヘビの種が存在するため、一般的な違いを覚えておくべきです。ブライトサイドでは、毒蛇と出会ってしまったときに危険な結果を避けるための従うべき行動パターンと共にこれらのサインをご紹介します。

タイムスタンプ

頭を見る 1:30

瞳孔に注目する 1:55

目の間のスペースを観察する2:35

色とふるまいに注意する 3:02

しっぽを観察する 3:36

泳ぎ方に注意する 4:07

対ヘビ仕様の家 5:01

木と草むらに注意 5:33

適切な靴を選ぶ 6:04

光を消す 6:30

ヘビについていかない 6:54

噛まれたらすべきこと 7:37

#毒蛇 #ヘビ咬傷 #毒のあるヘビ

概要
-毒性のヘビのはっきりしたサインのひとつは、三角形の頭。すべての毒蛇の頭の形が同じということではないですが、大体首が頭より目に見えて細いです。
-多くの毒蛇は楕円形で縦の瞳孔を持っていて、毒のないものは丸い瞳孔を持っています。でも、毒のないヘビでも、危険な状況で強く怖そうに見せるために簡単に瞳孔の形を変えることができます。
-毒性のあるヘビは、狩りにおいては毒性のないヘビより有利です。熱に敏感な部分があり、赤外線で獲物の場所を特定します。
-毒性のあるヘビは、色においても動きにおいても強烈です。もし美しい明るい色のヘビを見たら、毒性がある可能性アリ。
-毒エビは、しっぽの先にあるうろこの列を2つにわけるはっきりしたラインでわかります。1列しかないのであれば、ご安心。そのヘビに毒性はありません。
-爬虫類専門家は、多くの場合毒蛇は泳いでいるときに見分けることができると言います。毒性のないヘビが体を水中に沈めて泳ぐのに対し、毒蛇は体全体が水面から見えるようにして泳ぐことを好みます。
-田舎に住んでいたり、夏のためのコテージを所有していたりする場合、ヘビのお気に入りの隠れ場所である背の高い草や落ちた枝などを取り除いてヘビの侵入を防ぎましょう。
-山奥や森を散歩するときは、指先が隠れた靴を履くようにしましょう。
-キャンプがお好きなら、ヘビを避けるためのアドバイス。寝るときに光の元をすべて覆って、朝起きたら服をよくパタパタすることをお忘れなく。
-好奇心が祟って、人がヘビにかまれるケースはたくさんあるんです。脅威を感じた場合のみヘビは噛みます。追い回すとこの反応を引き起こさせてしまうんです。
-はじめにすべきことは、救急車を呼ぶこと。これが完了したら、毒蛇にかまれたのかどうかを確認しましょう。
-救急車が向かっている間、落ち着いて動かないことが重要です。
-傷から毒を吸い出す方法が人気ですが、あまりいい方法ではないかもしれません。毒を吸い出そうとしている人が自分であれほかのだれかであれ、口から相互汚染されるリスクを冒してしまっています。

音楽
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です