日々の生活で直面するマニピュレーターを見極める!人を操る11の人格タイプ人格タイプ

他人をコントロールしようとする人を見抜けますか?どんな人も自分のニーズを満たす必要があります。しかし、自分の求めるものを手に入れるために、何をしてでも他人を操作する人も存在するのです。大抵そのもくろみは、思いやりのある行いの中に隠れています。でも、自分が他人にコントロールされていると見極める方法を学べば、誰かのゲームの駒にされることはもうありません!
例えば、どうしようもないかのように装って、自分の責任を他人に押し付けます。こういった人は、自分を「助けてくれる人」のお陰で、難なくキャリアを駆け上っていくでしょう。あなたを利用しようとする人のために、あなたの時間と努力を無駄にしたいかどうかを自身に問いかけてみましょう。今回の動画では、人を操る11の人格タイプと、アサーティブでいるためには、何をすべきかなどをご紹介します。

タイムスタンプ:

「どうしようもない」ふり 1:00

巧みな言葉遣い 1:24

実行不可能な約束 1:56

マニピュレーターが親である場合2:28

マニピュレーターが義理の親である場合3:03

責任ゲーム 3:47

許しの代償 4:23

「~のためにいいから・~のためだから」を使う4:54

家族が一番 5:20

自分の重要性の誇張 5:53

成人した子供 6:24

#操作する人 #害のある人 #操作

概要:
-誰かの言葉や行動を誤解してしまうことは、たまにであれば問題ありません。ですが、このタイプのマニュピレーターは、わざと特定のことを口にして、自分の責任を逃れるのです。
-次に誰かが助けを求めてきたら、すぐさま約束をしないようにしましょう。
もしすでに約束を交わしてしまっているなら、約束は守ってください。
余計な責任を増やす前に、次はよく考えてから引き受けるようにしましょう。

-が自分を操ろうとしている、ということを理解するのは難しいことです。
しかし、自分の意見を押し付けたり、子どもの行動をコントロールしたり、プライベートライフを干渉するために子供を操ろうとする親はいます。

-どんな親でも、子供の幸せを願うもの。そして幸せになってもらうためには何でもします。子どもが成長して、自分自身の家庭を持った後でも、その気持ちは変わりません。しかし、親は自分が口をはさむことで、子どもの幸せな結婚生活を台無しにしていることに気付かないのです。
– 残念なことに、他人の決断、発言、行動を完全に無視する人が存在します。そのような人は、家族や友人に対しても同じような態度をとります。すぐに反応しすぎるので、一般的には、後に自分のふるまいを後悔するのが特徴。
-残念なことに、誰かと交際をしていると、喧嘩にも勿論、直面することがありますよね。さらに最悪なのは、その喧嘩で受けた、心のダメージが修復できない場合もしばしばあるということ。そんな時、マニュピレーターは、パートナーの許しを請おうとするんです。
-マニュピレーターは、愛とモラル的な責任を利用して、あなたの生活と行動をコントロールするためにあなたの権利を奪おうとします。
-このタイプは、子どもが健全な関係の主な要素であるかのように思い込ませようとします。家族の絆を強調して、その人の価値観を家族の価値観とすり替えようとするのです。
-上司がマニュピレーターである場合、このような状況に簡単にはまってしまいます。課題や指示を出し、自分が重要であることを示して、非難し、部下のあら捜しをするのです。
-幼い子どもであるかのように親に世話をしてもらうために、親の愛情を利用し続けようとする人もいます。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介  さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です