世界で最も奇妙なタイムゾーンのお話

どこか海外の新しい場所に旅行するときには、時計を数時間、前後に再設定し、時差を調節しますよね。世界中には、1時間単位ではなく、30分、さらに15分の時差の調整をしなければならない場所さえあるんです!
たとえば、オーストラリアのノーザン・テリトリーとサウス・オーストラリア州ではGMT + 9:30を使用し、ロード・ハウ島はGMT + 10:30を使用しています。 事態はさらに複雑で、サウス・オーストラリア州はノーザン・テリトリーと違い、サマータイムを起用しているので、10月から4月にかけては、時間が異なり、そして30分の時差まであるのです。もしカナダのニューファンドランド・ラブラドール州に行った場合は、時計をGMT-3:30に設定しなければなりません。これもかなり変わっていますよね。

タイムスタンプ:
30分と15分の時差0:39
アメリカ合衆国 – アリゾナ州3:17
巨大なタイムゾーンである中国4:24
ロシア鉄道の混乱6:35
GMT + 12を超えるタイムゾーン7:21

#タイムゾーン #グリニッジ標準時 #GMT

音楽: 

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:
-南アジア諸国では規則が違い、時差に30分つけ加えることになります。 一見、それは多くの人に影響を与えないように見えますが、実は興味深い事実があります。世界の全人口の五分の一が、このインドの30分の時差ゾーンに住んでいるのです! その時間帯はGMT + 5:30(ジー・エム・ティー、プラス5時間30分)。 なぜそのような時差を起用しているのかに関しての公式な説明はありませんが、大英帝国からの独立と、それを強調するためであると考えられています。      
– アリゾナ州はサマータイムを採用していないので、常にマウンテン・タイムゾーン:GMT-7に属しています。ですが、アメリカ先住民の半自治区の領土に住んでいるナバホ族は、サマータイムを起用しています。毎年、半年間、彼らはアリゾナ州より時間を1時間前に設定して生活しているのです。
-中国は世界最大の国の1つであり、その大きさは、東から西にかけて5,000キロにも及びます。それはアラスカ州を除いたアメリカ本土より幅が広いということになります。その巨大な隣国であるロシアは11のタイムゾーンを誇っているので、中国にもそれに近い数のタイムゾーンがあるんじゃないか、と思っているそこのあなた。残念ながら、それは間違い!正式なタイムゾーンは国中で1つしかなく、それは中国標準時と呼ばれるものです。
– モスクワで乗車しようが、8,850キロ離れた、ウラジオストクで乗車しようが、チケットの出発時刻はモスクワ標準時なのです。 出発時間の30分前に駅に着いたのに、実際には8時間30分遅れだったということを想像してみてください。ですが、このルールは最近変更され、現在は出発時刻が常に現地時間で表示されるようになりました。
– 実は最大の時差である12時間を超える場所もあるのです。 トンガ、サモア、トケラウなどの太平洋のいくつかの島は、GMT + 13で生活していて、キリティマティ島を含むライン諸島のタイムゾーンはGMT + 14に定められています。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です