知っていましたか?6つの世界共通エチケット

あなたは良いマナーを知っていますか?それは、時と場所、人によってそれぞれ異なります。多数の違った礼儀作法があり、その多くは、一定の国でのみ通用するものです。例えば、エスキモーの人々は挨拶する時鼻をこすり、日本人は家に上がる時は靴を脱ぎ、タイの人は絶対に靴のソールを見せません。-不適切だと考えられているからです。

そうは言うものの、国民性や住む場所に関わらず、従うべき王道の礼儀作法というものがいくつかあります。例えば、自分のペット(特に犬)をどこにでも一緒に連れて行かない。他の人々が犬好きとは限りません。大きくておっとり静かな犬であっても、キャンキャン吠えるちっちゃなかわいい犬であっても、他人には変わりはありません。個人の家のパーティに招待された時も同じです。常に、犬を一緒に連れて行って良いかどうか、尋ねましょう。
残念なことに、これらの重要な作法は、昨今、頻繁に無視されています。エチケットについてもっと知りたいなら、このビデオを見てくださいね!

タイムスタンプ

カバンの持ち方 0:59
ジムでのふるまい 2:06
公共の場でのふるまい 3:23
テーブルマナー 5:00
状況に応じた装い 6:35
人とのお付き合い 7:49

#エチケットのルール #礼儀作法 #良いマナー

概要:
-レストランで、テーブルの上や床にカバンを置かないこと。椅子かフックにかけましょう。フックはテーブルの横か、直接テーブルの裏側にあるでしょう。

-もしもグループでのエクササイズクラスに遅れた場合、自分の好きな場所に無理に割り込んでいこうとしないように。遅れたのはあなたのせいです、どこでもあいているスペースに入って、イクイップメントの邪魔にならないようにしましょう。

-トレーニングマシンを使った後は、ウエイトを最小にリセットします。こうしておくと、次に使用する人がウエイトの調節を忘れてエクササイズを始めたとしても、怪我をすることがありません。
-世界には、3つのタイプの人が存在します:早く到着する人、時間ちょうどに到着する人、そして遅れて到着する人、です。もしもあなたが最初のタイプでないのなら、あなたは必然的に、自分の席に向かって人々の前を通り過ぎることになります。劇場、映画館、コンサート会場など、座席のあるどんなところでも。この時の正しい方法は、その人たちのほうに体を向けて前を通り過ぎること、背中を向けないようにしてください。

-レストランで、4人以下の小さなグループの中にいる場合、全員の食べ物が揃うまでは、食べ始めません。それがビジネスの会食や正式の食事会の場合は、主催者から勧められれば始めます。

-カジュアルな服装 - これは、Tシャツとジーンズからブラウスに短パンまでの何でもさします。あなたが行くところが屋外なのか屋内なのかを知ることは、服装を選ぶ上での良いアイデアになるでしょう。他の人に何を着るかたずねてみるのも良いです。

-ほとんどの会社では、カジュアルフライデーは普段のスラックスやスカートをジーンズに変え、ネクタイは家に置いてきて良い、という感じです。

-ビジネスカジュアル - ここでは、清潔感が重要です。きつ過ぎたりだぼだぼの洋服はNG。あくまでスタイリッシュに!

-フォーマルビジネス - これは、いつも颯爽としていて、キャリアの階段をのぼりつめていくことを目指したい専門職にピッタリです。男性ならスーツと濃い色の靴、女性ならパンプス、スカート、そしてブレザーです。

-コーヒーショップで列に並んでいる時に、電話で話をしない。特に、バリスタがすでにあなたのオーダーを取り始めてからは。皆を待たせ、会話を聞かせるなんて、とても失礼です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です