水死しないための2つの方法

どんなに経験豊富な水泳選手であっても、何かの間違いで溺れてしまう可能性はあります。ですので、そのような状況では何を「すべき」かと、「しない」べきかを知ることが重要になってきます。いつの日か、この知識があなたの命を救うことになるかもしれません。
人が溺れているときには、水ではなく自分の本能と戦う必要があるのです。人は自分が状況をコントロール出来ていないと感じると、必死になって、もがき始めてしまうのです。 パニックになってしまうことで、より深く沈んでしまうのです。 その結果、すぐに疲れて切ってしまい、助けが来るまでずっと浮いていられないのです。水死を免れる方法を、もっと知りたいですか? それでは、動画を見ていきましょう!

タイムスタンプ
水死の統計0:49

パニックになってはダメ1:33

正しく立ち泳ぎをする4:00

仰向けで浮かぶ5:42

呼吸の仕方 8:06

#サバイバルのヒント #水死 #自分の命を救う

音楽: 

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:
-アメリカでは、2005年から2014年までの間に年間約3,500件の水死事件がありました。これは毎日約10人が水の中で命を落としたということです!
-人は自分が状況をコントロール出来ていないと感じると、必死になって、もがき始めてしまうのです。 パニックになってしまうことで、より深く沈んでしまうのです。その結果、すぐに疲れて切ってしまい、助けが来るまでずっと浮いていられないのです。
-正しい立ち泳ぎの仕方から見ていきましょう。 体は直立していなければならず、頭は水面より上に位置していなければなりません。 浮かび続けるためには、腕と足を動かさなければなりません。 腕と足を一緒につかうこともできるし、足だけでもいいし、腕だけでも大丈夫です。
-立ち泳ぎで最も重要なことの1つは、リラックスして、ゆっくりと呼吸することであるというのを覚えておいてください。 こうすると、疲れにくく、エネルギー効率も向上します。

-救助が来るまで水面に浮かぶ第二の方法は、仰向けに浮かぶことです。自分を落ち着かせ、正常に呼吸するためには、これが最良の方法です。

-息を吐くときに、体は深く水の中に沈んでしまうのです。 これは、肺の内側と外側の空気の量の差が大きすぎることにより起こります。 そのため、浮かび続けるために大切なのは、浅すぎず深すぎない中ぐらいの大きさで呼吸するということです。

-息を止めてはいけません! これは二酸化炭素の蓄積につながるので、全く役には立ちません。 逆に、もっと呼吸がしにくくなります。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です