命を危険にさらす間違った家庭療法

普段お使いの家庭療法、本当に安全でしょうか?昔から伝わる家庭療法は、薬代の節約にもなり重宝します。とはいえ、その全てが100%正しいとは言い切れないのも事実。今回は危険な家庭療法について見ていくことにしましょう。

家庭療法は応急処置として有効な場合がありますが、疾患は医療機関で適切な治療を受けるようにしてください。

タイムスタンプ

1.マウスウォッシュでうがい 0:51
2.イボを切る 1:24
3.虫歯にウィスキー 2:11
4.安産にヒマシ油 3:05
5.キャンドルタイプのイヤケア用品 3:51
6.シラミの危険な治療法 4:45

概要:
-喉に痛みが生じているときはすでに炎症が起こっているため、刺激になるため使用は控えます
-ハサミやナイフ、その他の刃物でイボを切除する行為はとても危険!
-ウィスキーで痛みを和らげることはできますが、治療が遅れてしまう危険性があります
-妊娠中の女性がヒマシ油を摂取しても効果はありません
-溶けたロウを耳に入れる行為は非常に危険です
-インターネットには危険なシラミの治療法が溢れています。毒性の強い液体は直接皮膚につけてはいけません

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です