友達をびっくりさせよう!料理の裏技12種

料理は好きですか?プロの料理人でもそうでない人も、次に料理をするときは、これからご紹介する楽しくて意外な裏技をぜひ試してください。びっくりして「なんで今まで思いつかなかったんだろう?」と考えずにいられないものもありますよ。

ほとんどの人が、料理が芸術だと認めると思います。だからこそ、自分のスキルだけでなく、確立された方法も取り入れるのが重要です。でも、料理の世界には、シェフが世代から世代へと受け継いでいる秘密があります。ブライトサイドは、あなたの料理をもっとおいしく、世界でもトップクラスの味にするためあまり知られていない裏技を集めました。この動画で、あなたのキッチンの効率を上げたり、普通の材料で新しい味を作る面白い方法を学び、自慢してしまいましょう!

タイムスタンプ:
レタスの芯を一瞬で取る 0:44

ベーコンをかりかりに仕上げる 1:05

タコスの皮が割れないようにする 1:42

素手でじゃがいもの皮をむく 2ː31

普通のパスタを新しい味にする 3ː07

パスタを素早く、環境にやさしくゆでる 3ː38

野菜のローストをもっとかりかりに 4ː12

大量の卵の殻を瞬時にむく 4:52

アルコールでパイの皮をさくさくにする 5:23

キッチンが汚れないパンケーキ 6:16

卵白をアクアファバで代用する 6ː52

肉汁たっぷりのハンバーガーのコツ 7ː34

#cookingtricks #cookinghacks #cooklikeachef

概要:
- たくさんのレタスを切るとき、固い芯の周りを切り取らなくてもいいんですよ。レタスを両手で持って、下の部分をまな板や他の固いところにぶつけましょう。
- かりかりでおいしいベーコンにしたいなら、冷たいままのフライパンにベーコンを並べ、中火から弱火で焼きます。
- タコスの大惨事を防ぐために、皮の新しい作り方を試してください!まず、電子レンジで使用できるお皿の上に湿らせたキッチンペーパーを広げます。タコスの皮を1枚その上に置いて、高温で加熱します。
- 鍋たっぷりの熱湯を沸かし、皮がついたままのじゃがいもを中までしっかりゆでます。ボウルに氷水を用意し、ジャガイモを5~10秒ひたします。
- パスタをローストして、もっとおいしさを引き出しましょう。パスタを180度のオーブンに10~15分入れます。すると、金色がかった茶色になります。冷めたら、アルデンテにゆでましょう。
- スパゲッティを一刻も早く食卓に出さなければならないとき、大鍋でゆでるのは得策ではありません。たくさんの水を熱するのは水とエネルギー、時間の無駄です。
- 野菜に塩や油、スパイスで味付けした後、野菜450gにつき、コーンスターチ大さじ1、約15gをまぶし、オーブンでローストします。
- 卵の殻をむく裏技を使って楽をしましょう!固ゆで卵を浅い密閉容器に入れ、半分まで冷たい水を注ぎます。
- ウォッカのアルコール分が、焼いたときに生地が固くなりすぎるのを防いでくれます。アルコールはオーブンの中で蒸発するのが早いため、焼けた生地は乾燥して、さくさくになります。
- パンケーキの生地を入れる前に、容器をよく洗ってくださいね。フライパンに生地を絞り出して、キッチンを汚さず、完璧な形のパンケーキを作りましょう!
- ビーガンになる決心をした人や、食事制限で卵を食べられない人は、卵の白身を使った料理にアクアファバを使ってみてください。
- 今度ハンバーガーを焼くときは、セレブシェフのグラハム・エリオットの方法を試してください。生のパテの真ん中に氷を押し付けるのです。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です