人類が月に移住する日

月で人は暮らすことができるのか?アームストロング船長の月面着陸から、はや半世紀。再び月へ人を送り込む計画が立ちつつあります。今度の目的は月に永住すること。果たしてそれは可能なのか?それともこれはあくまでもフィクションの世界の話なのか?

NASAの試算では、10名の宇宙飛行士が1年生活するための基地の建設には約380億ドルがかかるとされています。国際宇宙ステーションが1500億ドル、アポロ計画が1700億ドルだったことを考えれば、これは実現可能な数字です。

タイムスタンプ:

月が先か、火星が先か? 1:19

火星への旅 3:30

月面移住のハードル 5:06

月面基地っておいくら万円? 6:55

月面基地の建設候補地 7:54

居住区をどこに作るのか 9:14

概要:
-地球から火星までは秒速13kmの速度で移動する必要があり、これが燃料の消耗、複雑な軌道マヌーバー、巨大な船体を必要とします
-NASAの予測では火星までの旅は9ヶ月かかるとされています。飛行士の健康問題や、ロケット技術がその障壁となっています
-宇宙飛行士は長期間家族や友人から隔離され、これが無気力や倦怠、鬱を引き起こします
-NASAの考える月面環境は、無酸素状態で、最高気温は限りなく高く、最低気温は限りなく低い場所となっています
-10名の飛行士が1年生活するための月面基地のお値段は約380億ドル
-居住区は溶岩チューブに建設することが期待されています
-国際宇宙ステーションでは、無重力下での3Dプリンターの動作テストが行われました。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です