運転中スピードが出ている時の注意点8

遅刻しそうな時はついつい車を飛ばしてしまいます。制限速度を守っていたとしても、事故のリスクは常に付きまといます。

例えば、お気に入りの音楽を聴くのはバッドアイディア。2013年に研究では、若者の運転精度と音楽の関係性が明らかになりました。歌がお気に入りだった場合のミスの発生率は98%。一方、ソフトロックやジャズといった落ち着いた音楽の場合、ミスは77%にまで低減しました。スピードが出ているときは、カーステレオはオフにするとより安全です。

タイムスタンプ

1.ハンドルの切り方 1:08
2.惰行運転 2:10
3.脇見運転 3:13
4.ながら運転 4:13
5.好きな音楽を聴く 5:10
6.車間距離 6:17
7.悪天候 7:35
8.手の位置 8:55

概要:
-手の位置を誤った位置に置いてしまうと、エアバッグで怪我をする恐れがあります
-惰行運転は運転中にニュートラルにすることで行う走行方です
-メール操作中のドライバーは、6秒の間に4.6秒は道路を見ていません。歩行者や動物、赤信号への反応が遅れてしまいます
-ある研究では、大音量の音楽がドライバーの反応速度に影響をあたえるという結果が出ました
-お気に入りの音楽もまた、同じくドライバーの集中力を奪います
-天候が悪くなったときは減速しましょう。ですが、このルールを守らないドライバーが多いのが現状です
-ハンドルを持つ位置が低すぎると、安定した運転が妨げられることになります

音楽:

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です