時間とお金を節約する27のたまごの裏ワザ

たまごの裏ワザ

とても楽しいたまごの裏ワザと食べられるトリックは、とっても気に入ってもらえるでしょう!カラフルなオムレツの作り方、ビーツ、たまねぎの皮、ウコン、紫キャベツなど自然の材料でたまごに色を付ける方法をご披露します。

手早く美味しいパンケーキを作りましょう。キンダーエッグのケースで、鉛筆削り、イヤホンケース、歯ブラシケースを、たまごの箱で絵を描くためのカラーパレットを、ほかにも、たくさんのすごいアイデアがいっぱいです!さあ、急いで、一緒に試しましょう!キャンドルをつくるクールなコツも見てね。黄身と白身を風船で抜いて、パラフィンを入れます。卵の殻の中で、植物を育てることもできるのよ!

たまごは、お料理するのが簡単!たまごは安い!きっと今、あなたの冷蔵庫の中にもあるわよね。だけど、いつもちょっとしたステキな作品に仕上げるにはどうすれば良いかしら?これらのたまごのハックが、役に立つわ!

人によって、冷たい水からゆで卵を始めたり、沸騰したお湯に卵を入れたり、色々ですね。どちらの方法にも利点と欠点があります。違いは、どれだけ速く卵を温めるかということ。冷たい水から始めると、卵をゆっくり温め、白身に弾力性を持たせます。この方法は時間がかかり、クッキングタイムの加減をしにくくします。それに、卵の皮がむきにくくなりますね。お湯から始めると、卵はすぐに温まり、クッキングタイムも速くなります。

けれど、この方法にも欠点があります。卵の温度が急に上がるので、からが割れてしまうのです。そして、毎回きれいに卵を剥くにはどうすれば良いのかしら?卵をお湯に入れ、しばらく茹でます。それから卵を10-15分間、氷水に浸けます。こうすれば、卵の殻をむくのはとても簡単。テーブルでコツコツと叩いた後、テーブル上でぐるっと何度か回せば、殻は勝手に取れます。パーフェクト!

たまごは何分間茹でるのが良いでしょう?すでに沸騰したお湯から始めるなら、いつでも茹で方を調節できます。時間によって黄身がどのように茹で上がるか、ビデオの中でみることができますよ!あなたの好みを選んでね!さて、ゆで卵はここまでよ。

次は目玉焼き。フライパンを中火にかけます。バターを少し加えましょう。そして、注意深く卵を割ってね。火は強すぎないように、でないと白身に泡ができてしまいます。そしてここで卵の裏ワザよ-ちょっとだけ水を加えて蓋をします。これで卵をスチームするの。きれいでクッキリした黄身としっかり焼きあがった白身という、完璧な出来上がりになりますよ。

最後に、重要な卵のクッキング法をもうひとつ-スクランブルエッグです。まず、棒津に卵を割り入れます。おっと、殻の一部が入っちゃった!もしスクランブルエッグに殻が入るのがいやなら、割った卵の殻を使って、ボウルから取り出しましょう。パーフェクトなスクランブルエッグにするには、ボウルの中で混ぜないといけません。そして、塩と胡椒を加えます。さあ、フライパンにバターを溶かしましょう。結構な量を溶かしてね。

次に、卵を流し込んで待ちます。弱火を続けることを確認してね。卵の端の部分が出来上がってきたら、卵を外側から内側に混ぜ始めます。卵が2/3ほど調理されたら、ここで次の卵の裏ワザ、バターをもう少し。バターが溶けてスクランブルエッグにステキなクリーミーさを加えてくれます。

もう少しでできあがり、というタイミングで火から下ろします。インスタグラムにアップする写真を撮るのを忘れないでね!

タイムスタンプ:

1:08 植物を育てる

9:24 焦げたフライパン?

13:30 たまごに色を付ける方法

17:30 たまごのハート

楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です