頭痛を解消して快眠できる7つのエクササイズ

不眠症、背痛、頭痛を解消する方法。ヨガは、体型を維持し、雑念を払い、健康を増進する為にはとても素晴らしい方法なんです。背痛や不眠症、頭痛、肺疾患のいずれにせよ、ヨガがそれらの症状を解消してくれる今回限りの素敵なチャンスがあります。不眠と夜の痛みのための解決法だけでなく、理想の体型にもなれる短いトレーニングも紹介していきますよ。運動着を着て、早速始めましょう!

タイムスタンプ:

鋤のポーズに挑戦 1:07

車輪のポーズを試してみる  2:26

立って前屈する 3:58

イルカのポーズを習得する  5:14

ハーフコブラ・グラスホッパーに挑戦  6.35

壁に脚を上げるポーズに挑戦 7:59

全身の体幹ストレッチで終わる  9:20

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

-鋤のポーズ、別名ハラーサナは、脊椎の柔軟性と背中の健康を改善するには、最強のエクササイズ。寝る前に心を落ち着かせつつ、全身の部位を満遍なく伸ばしてくれる。

-車輪のポーズは、ウールドヴァ・ダヌラーサナと呼ばれ、背筋、首、腹部を伸ばしてくれる。

-立位前屈のポーズ、別名ウッタナーサナは、脊椎を強化するには必要不可欠で、脳へ血流を送り続けるので、寝る前にストレスになる雑念から解放される。

-もし肩や首に支障があるなら、イルカのポーズは適していないが、それを除けば、ヨガの中で最も穏やかなポーズの一つ。

-ハーフコブラ・グラスホッパーのポーズは、全身に程よいストレッチを与え、体幹、腹筋、太ももと背筋に驚異的な効果を発揮する。さらに肺を広げてくれるので深い呼吸がしやすくなる。

-壁に脚を上げるポーズ、別名ヴィパリータカラニは、最もリラックスできて穏やかなヨガポーズの一つ。体力の回復、心の安定、ストレスの解放、落ち着いた夜の休息に向けた心の準備をしてくれる。

-背中のストレッチにおいて、最も重要なことの一つは体幹を意識すること。特に全身の体幹ストレッチは、肺を広げて呼吸を楽にする為に最適である。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です