家が泥棒に目をつけられている10のサイン

家が泥棒に監視されてるってどうやったらわかる?多くの人が自分の家を守る手を打っています。アラームを設置する人もいれば、複雑なカギの付いた強固なドアをつける人も。監視カメラ、LEDライト、スマートロック、ハイテクセキュリティ機器を設置する人もいます。
でも、かなり用心深い人でも、すでに泥棒に家が監視されていて、ことを起こす最適な時を待っているというのに常に気づけるわけではありません。ぱっと見つまらないことに見えても、窃盗に関係ありあそうな細かいところに注意を払うことが重要です。今回の動画では、気を付けておくべきサインをご紹介。窃盗に遭わないことを願いますが、用心するに越したことなし。

タイムスタンプ
ゴミが消えている 1:32

飼いイヌの失踪 2:31

車のガソリンタンクが空  3:21

新しい清掃員 4:18

壊れた窓  5:10

電気のトラブル6:03

広告やステッカー 6:45

変なマーク 8:12

知らない番号からの電話 9:03

壊れた錠  10:01

#家を安全に#強盗失敗#強盗の技

Summary:
-自分の個人情報が含まれた紙を捨てる前に、小さく切り刻んでおくことをルール・習慣にしましょう。
– 家を守るイヌは泥棒にとってネック。だから飼い主が家にいないときに「守り主」を外におびき出して、厄介払いしようとするかもしれません。
– 家の人が早く家に帰ってくるのを防ぐため、泥棒は車のガソリンを空にするかもしれません。最悪の場合、ガソリンスタンドにたどり着けず、いつもよりさらに遅く帰宅することになります。
-お掃除業者を利用していていつも同じ人が担当している場合、新しい清掃員が来ると心配になるかもしれません。業者からの連絡なしに新しい人が来たら、特に気を付けるようにしてください。
-家に人がいるか、アラームが鳴るかなどを確かめるために、車や家の窓に石を投げつける泥棒もいます。
-個人住宅に住んでおり、モーションセンサー付きのライトが庭に設置されている場合、問題がないか調べてみましょう。
-広告は面倒なゴミですが、これが悪用されるということはあまり知られていません。広告やシンプルなシールを使って入りやすそうな家を簡単にマークできるんです。
-家のドア、庭のライト、家の周りにあるいかなる怪しげなマークを消しましょう。
-家の主がいない時間を把握するために、泥棒は家に電話することがあります。小さい子が電話に出たら、情報を聞き出そうとするかもしれません。
-錠やドアが壊れていたら、誰かが家に侵入しようとしたサイン。今すぐ行動を起こして!

Music:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です