メーガン・マークルが破った6つの王室のしきたり

メーガン・マークルの話は、まるでおとぎ話が実現したようなものです。スポットライトを浴びるようになってから、彼女は世界中の憧れの的、そしてファッションやスタイルの流行仕掛け人であり、人道主義者としての活動にも注目されました。しかし、サセックス公爵夫人、彼女のオフィシャルのタイトルです、は、ただの良い子ちゃんではありません。彼女の魅力の一部は、少し反逆的なところ、そう思いませんか?まだ正式に英国ロイヤルファミリーのメンバーになってからの時間は相対的に短いのですが、既に英国王族が慣れ親しんできた習慣の一部やたくさんの規則に従わず、人々を驚かせています。

例えば、ロイヤル女性はオフショルダーやその他の肩を見せるスタイルの洋服を着用するのはご法度です。今年の6月、メーガン妃はエリザベス女王の軍旗分列行進セレモニーにきれいなピンクのアンサンブルで出席しましたが、残念なことに、この服装は結構な騒ぎになりました。なぜなら、オフショルダースタイルだったからです。彼女がどんな規則を破ったのか、また彼女が守っている3つの規則について、このビデオで一緒に見ていきましょう。

タイムスタンプ

袖なしのブラウスはダメ 1:10

彼女の結婚式 1:57

きちんとした髪 2:58

パンティストッキング 3:44

ミニスカートや胸元が広く開いたスタイルはダメ 4:50

PDA、人前でいちゃいちゃはダメ 5:41

ソーシャルメディアはダメ 6:26

政治はダメ 7:42

甲殻類はダメ 8:34

#メーガンマークル #メーガンマークル最高 #ロイヤルファミリー

概要:
-彼女とハリー王子はまた、ウエディングケーキにおいても、これまでの伝統を破りました。伝統的なウエディングケーキは、ビクトリア女王とアルバート王子の時代から、フルーツケーキというのが習慣でした。フルーツケーキは高価な材料を使うことから、豊かさの象徴と考えられていたのです。
かわりに彼らは、メーガン妃と同じ食べ物のサステナビリティに対する考えを持つシェフに、美しいレモンとエルダーフラワーのケーキを注文しました。

-ロイヤルのしきたりは、頭のてっぺんからつま先まで、従わなくてはいけません。そして、それはヘアスタイルも含みます。髪は清潔できれいにするよう指示されています。けれど、メーガン妃は、もっとリラックスしたように見えます。まるで、たった今ベッドから起きて出てきた時のような。

-メーガン妃は常にストッキングを着用しなくてはなりません。女王本人が指示したこのルールは、英国ロイヤルファミリーは、スカートやドレスを着る際には、ヌードカラーのパンティストッキングを着用しなくてはいけない、というものです。けれどもメーガン妃は時々自分流の規則で行動するのがお好きなようです。

-彼女は襟ぐりの開いたドレスの上に、少しカバーするようにブレザーを着ます。彼女はよく控えめなミディスカートを着ていますが、膝上丈の短めのスカートというスタイルの時もあります。

-彼女はよく彼の腕にからみついていたり、ふたり仲良く腕を組んでいることも珍しくありません。ハリー王子はいくつかの行事で、彼女の耳元でささやいているところをキャッチされています。

-2018年5月にハリー王子と結婚する前には、ロイヤルのしきたりに従い、すべてのソーシャルメディアのアカウントを閉じました。

-現在では、彼女は政治や物議を醸す事項には、距離を保っています。政治的な意見は胸のうちにしまっておかなくてはいけなくても、チャリティーや他の人道主義者の熱心な後援者であり、そして機会があれば、男女同権主義を支持するという立場に変わりはありません。

-王族は、食中毒予防のため、甲殻類を避けます。サセックス公爵夫人が食中毒で寝込むことになれば、たくさんの重要な王族の仕事ができなくなります!

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です