失われた都ペトラの謎

古代都市ペトラを築いたのは何者?その目的とは?都市が失われた理由は?その質問に対する答えは、見識の深い歴史家であっても見つけることができないものもあります。そんな中、近年の発見が、ペトラの秘密を明らかにしました!

ペトラは赤い砂漠の崖壁に築かれた古代都市。ヨルダンの首都アンマンから240km離れた場所に位置します。何世紀も廃墟として存在したこの都市は、数千年前は繁栄を極めていたと考えられています。ナバテア王国の首都として、交易の玄関口となっていたのです。

ナバテア人たちは治水技術に優れ、トンネルやダム、貯水池などを建設していました。その技術によって、かれらは都市の外へ出ることなく、干ばつの季節を耐え忍ぶことができたと考えられています。

今回の動画では、このペトラが失われた都と呼ばれるその所以と、その数々の謎に迫ります!

タイムスタンプ:

ペトラの位置 1:06

ナバテア人とは何者か 2:07

ペトラが交易拠点を失うまで 3:38

ペトラの洞窟に住んだ人々 4:38

ペトラの発見 5:14

ペトラの建造物 5:51

ペトラの謎 6:49

ペトラの現在 9:06

概要:
-ペトラとは赤い砂漠の崖壁に築かれた古代都市。ヨルダンに存在し、首都アンマンから240km、エルサレムからもほぼ同じ距離離れた位置に存在します。紅海と死海に近い場所に位置する。

-築かれた年代は謎のままですが、1世紀ごろには繁栄を極めていたと考えられています。ナバテア人たちは治水技術に優れていました。

-都市の正面部は砂漠の渓谷に直接刻み込まれたもので、その建物の壮大さは人々の畏怖するところでありました。

-周辺文明の侵攻にさらされたペトラは、ついにローマ帝国に屈することとなりました。

-ペトラは1812年8月22日、27歳のスイス人探検家の手によって発見されることとなりました。カイロで現地人たちが、ペトラの噂話をしているのを聞いたからです。

-ペトラの建造物の中でも特筆すべきは円形劇場。収容人数は3000人で、政治の場として利用されていました。

-1985年、ペトラはユネスコの世界遺産に認定されました。政府はブドゥール族と交渉をし、彼らを遺跡から数キロ離れた位置へと移住させるとともに、遺跡の観光業の優先権を与えました。

-発見はまだまだ続いています。2016年には、衛星写真が儀式場を発見。また、ビザンツ帝国時代の巻物も解読が急がれています。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です