親のためのとても面白い33のハック

簡単な理科の実験 油と水は混ざり合いませんが、素晴らしい実践の理科を教えてくれます!おそらくあなたはもう知っているでしょうが、油と水の重要なことがあります;油は水と混ざり合いません!これはどうして海の表面に油が浮いているのか、どうして油の上の火に水をかけると状況が悪化するかを説明します。油と水は(他の薬品の助けを借りないと)一生混ざり合わないことが分かったので、お互いがはじき合う様子を見て楽しみましょう!

NOTE: これをやる前に、大きなタブを使っていることを必ず確認してください。この効果は劇的ですが、実証したものがあなたの実験で作られた混乱の中に失われることもあります!同じ容器の1つ目を大きなタブにいれます。容器のふちまでサラダ油をいれます。同じ容器2つ目もタブに入れて食品着色料を何滴かいれます。色は何色でもかまいません。その容器をふちまで水をいれます。

サラダ油が入った容器の空き口にトランプのカードを置きます。しっかりとカードをおさえながら油の容器を持ち上げ、上下逆にしてお水が入った容器の上に置きます。

水の入った容器の真上に油の容器をしっかりあわせます。カードは容器の間に入れたまま、液体が落ち着くのを待ちます。ゆっくり、やさしくトランプを外します。何が起こるでしょう?油とお水はそれぞれ上の容器と下の容器に分かれているまま。次に同じことを繰り返してみましょう。(基本的にはもう一度最初からやることをさします)今回はお水の容器を上下逆にして油の入った容器の上に置きます。注意を払いながらカードを引き抜き何が起こるか見てみましょう。水と油は場所を交換します!十分時間を掛けて待つとスタートした時と全く逆になります。

まず最初に、あなたはすでに知っていることを確認しました、油と水は混ざりません。水の分子と油の分子は混ざることができません。水と油を半々に入れたボトルを振っても、油が小さな粒になるだけで、水と本当に混ざり合うことはありません。また食品着色料も水としか混ざりません。油には全く着色しないのです。もし油の中に色が見えたら、油の層に小さな水滴が囚われてしまったのでしょう。

水の容器を油の容器の上にセットしてカードを引き抜くと、水が沈み油が浮きます。それぞれ場所を交換するのです!油は水の表面に浮きます、なぜなら水は油よりも重いからです。科学者は水は油よりも密度が高いといいます。油がいつも上のコンテナにあることは、これが理由です。

タイムスタンプ:

2:22 汚さないナプキン

4:06 お洋服たたみ機

9:48 水+油

12:33 デザートタイム

楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です