運動する時に間違いやすい6つのこと

体を引き締めて痩せるためにできる限りの事をやっているけど、なかなか結果が出ない、なんて事はありませんか?週5でジムに通ってダイエットしているのに、何の変化もない、なんて事は?運動の正しい知識を身に付けないと、なかなか痩せられなかったり、逆に進歩を妨げてしまう事もありますよ!

運動前の準備運動と運動後のストレッチは、体重を落とすためにも、体を引き締めるためにも必要不可欠だという事は知っていましたか?準備運動をしないと、怪我してしまうリスクがあるんです。そうなったら、間違いなく進歩を妨げてしまうでしょう。体重減少に大きく影響します。体も気分が良くならないと、運動を続けるのも嫌になってしまいます。始める前に準備運動をして、終わったらストレッチをする事で、運動自体が長続きする可能性が高くなりますよ。何を避けるべきなのか、そして何を取り入れるべきなのか学ぶためにもこのビデオを見てみましょう!

覚えておいて、運動以外にも食事の改善は体重の減少に大きく影響します。日頃から運動をして野菜をいっぱい食べても、エナジードリンクやエナジーバーでカロリーを摂取すると意味がありません。糖分がたくさん含まれていますよ。せっかくの運動の効果も、出なくなる可能性があります。

音楽:
音楽はEpidemic より
音 https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ:

準備運動をしない 0:51

負荷が一定した有酸素運動しかやらない 2:12

筋トレ?何それ? 3:36

筋肉痛に対する勘違い 4:52

綺麗に筋肉をつけるため、軽いウエイトを使っている 6:13

トレーニングのルーチンにバラエティーがない 7:32

概要:
―運動前の準備運動と運動後のストレッチは、体重を落とすためにも、体を引き締めるためにも必要不可欠。

―痩せるのが目的なら、多くの情報源や研究によると安定した有酸素運動ばかりするではなく、HIITトレーニングを取り入れる事が大切なんだそう。HIITは「高強度インターバルトレーニング」の略。

―日頃のトレーニングルーチンは有酸素運動のみという人は、筋力トレーニングを始めましょう!有酸素運動のみやるという事は、筋肉に必要なトレーニングができていないという事。

―朝、目覚めた時にベッドから出れないくらい体が痛いようであれば、間違いなくやりすぎ。一度に詰め込みすぎている可能性が高く、達成に向けて徐々に体を慣れさせる必要があります。

―重いウエイトは筋力を高め、絞ってくれます。痩せるのが目標なのであれば、重いウエイトを使って回数を減らしましょう。

―筋トレや有酸素運動に焦点を当てすぎてしまっている場合、期待している体重減少の結果はすぐに出ません。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です