素敵な絵を描くための20の簡単ライフハック

素敵な絵を描くためのライフハック

朝、煎ったコーヒーのフレッシュで美味しそうな匂いを嗅ぐと元気が出るという人は多いですよね。ですが、このおいしいコーヒーをアート製作のために使えたらどうでしょうか?よく使うアクリルや油、水彩の絵の具やテンペラの絵の具の代わりにコーヒーを絵を描くときの第一の液剤にするのです。コーヒーの絵の具は水彩絵の具と同じように使えます。色んなテクスチャーや陰影、諧調度や深みを与えてくれる対応力の高い表現方法なんですよ。

コーヒー絵の具の基本的な材料はこちらですː

インスタントコーヒー

水彩画用の紙

筆のセット

マスキングテープ

カラーパレット

道具と材料を使いやすいように台の上に並べます。インスタントコーヒーの濃度によっていろいろな色を作れますので、好きな色になるまで水を加えましょう。広い所を塗るのに役立つ昔ながらの平筆から、細かい所を仕上げるデリケートな細筆まで、色んな筆を用意しましょう。絵のスケッチのために、鉛筆と消しゴムも近くに置いておきます。マスキングテープで、水彩画用の厚くて吸収力のいい紙にしわが入ってしまわないようにしましょう。

紙のサイズはどんなアートを作りたいかによって選び、きれいな水をグラスに1杯、そして大きな平筆も用意します。絵を早く乾かすには太陽の当たる場所で製作するといいいでしょう。室内の場合は、ヘアドライヤーを使うと時短できます。コーヒーペインティングは水彩画と似て、濡れた絵の具を重ねていくことで表現します。絵の具の層が乾くのを待つ忍耐強さが大事ですよ。

コーヒーペインティングを楽しんでください!^^

タイムスタンプ:

3ː03 毛糸の絵

4:02 コーヒーペインティング

6ː58 飛ぶ方法を覚えよう

11ː15 30秒で絵を描く方法

楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です