王室のナニーの驚くべき9つの事実

英国王室の家族のナニーとして働くためには、どのようなスキルが必要?完璧な自己防衛、応急処置のスキル、高い運転能力、心理学の知識。すごい!他にも、王室のナニーになるために必要な優れたスキルを知っている?ビデオを見て確認しましょう!

王室のナニーになりたいという人は、子供が好きなだけでは不十分。王室のナニーになるためには、ノーランド大学で名声のある教育を受けなければいけません。この大学は、1892年エミリー・ワードにより設立され、優れた育児訓練を提供しています。誰でも簡単に入学できる訳ではありません!入学者は健康的で、優れた英語をしゃべり、完璧で傷一つない背景を持つ必要があります。学校で学べるのは、子供の面倒をみる方法だけではありません。他にも、心理学、歴史、哲学、社会学、そして文学などの科目を学ぶことができます。

音楽
Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/より

プレビュー画像引用元:
2015年7月12日、日曜日の午後にセント・ロンドンの公園を出るプリンス・ジョージとナニーのマリア・ボラロ:ベン・カウトラより/Sipa/米国/東ニュース、https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/39158149/i/0/t/0

アニメーションはブライトサイドにより作成されています。

タイムスタンプ

良い教育を受けていなければいけない 0:55
ロボットの赤ちゃんで練習をしなければいけない 1:59
赤ちゃんを守るべし 2:54
素晴らしい運転のスキルも必要 3:45
王室の子供全員の世話をしなくてはならない 4:27
王室の家族の一員になる 5:21

秘密厳守 6:30

決して子供を叩いてはいけない 7:21
親の代わりになってはいけない 8:12

概要:

―どの生徒も、ロボットの赤ちゃんを世話して実践的なスキルと高いプロフェッショナリズムを示すまで、本物の赤ちゃんの世話ができない。

―王室のナニーが持つ責任はものすごくたくさんあり、緊急事態が起きた時に自分と赤ちゃんを守るというのは彼女の主な仕事の一つ。王室のナニーは、優雅でエレガント、そして女性らしい雰囲気をしているかもしれないけど、危険な状況ではすぐに行動を取る。

―王室のナニーは運転が上手でなければいけない。ノーランド大学では、子供達がどんな状況でもナニーと一緒であれば安全でいられるように、研修生は高い運転のスキルを教え込まれる。

―王位継承者であるウィリアム王子と、美しいケンブリッジ公爵夫人は、多くのナニーを雇って3人の素敵な子供達の世話をしてもらう事ができたけど、実は一人しかいない。彼女の名前はマリア・ボラロ。

―王室のナニーは皇族によって、単に雇用された労働者として認識されていない。彼女は家族の一員。ナニーは(子供達のそばにいるために)宮殿で一緒に暮らしていて、祝宴や旅行などにもついていく。

―王室のナニーをどのようなソーシャルメディアでも見つける事はできない。雑誌などで彼女のインタビューを読むこともなく、テレビで雇い主を批判する事もない。

―ナニーであっても親であっても、子供に暴力を振るうのは間違っている。これは、もはや当たり前な事。ノーランド大学は、同窓生の誰もが子供に体罰を与える事はないと約束している。

―どんな子供にも、心の中でナニーに対しての特別な想いを持っているでしょう。でも、彼女がどんなに素晴らしくても、親の代わりになってはいけない。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です