不安解消:30秒間親指に息を吹きかけたら起こる体の変化

親指に息を吹きかけるだけで辛い時を切り抜けるのに役立つって知ってました?!親指は迷走神経というものに直接影響を及ぼします。これは脳から鼻、口、のど、肺、心臓、腸などの主要な器官や組織などにつながっている神経です。親指に息を吹きかけると、迷走神経に刺激が送られ、体の中全体で役に立つ様々なプロセスが起こるんです。
スパイア・リバプール病院の医師であるアルン・ゴッシュ医師によれば、人の親指には特別な脈があります。息を吹きかけると、心拍数を制限し、血圧を下げるため、落ち着いてストレス解消になります。この技は、かなりの不安を感じているときにとても役立つんです。
救急救命士でありフロリダ大学の緊急医療科のアシスタント教授であるベンジャミン・エイボー医師は、親指に息を吹きかけることは動悸も和らげてくると主張しています。鼻と口をつまんだまま無理やり息を吐きだそうとするヴァルサルヴァ法の改良版としてこの技を見ている人もいます。また、心音のリズムを整え、片頭痛や鬱を軽減します。

タイムスタンプ

このテクニックが効くもの 1:59
突然の不安症を対叙する別の方法 3:04
フラクタルを見てみよう 3:10
指の関節の間にプレッシャーを与える 3:55
耳たぶをマッサージする 4:23
ネイルをする 4:50
魚を見る 5:34
風船を膨らます 6:08
笑顔 6:34

-親指は迷走神経というものに直接影響を及ぼします。これは脳から鼻、口、のど、肺、心臓、腸などの主要な器官や組織などにつながっている神経です。
-人の親指には特別な脈があります。息を吹きかけると、心拍数を制限し、血圧を下げるため、落ち着いてストレス解消になります。この技は、かなりの不安を感じているときにとても役立つんです。
-葉、雪の結晶、花、海の波などの自然のフラクタルに少なくとも一日20分触れると、ストレスレベルが60%低下します。
– 2つ目と3つ目の関節の間の柔らかいジグザグのポイントに圧力をかけましょう。これによって、心臓近くのエリアをリラックスさせる体の神経を刺激します。
-実は耳たぶは強力な圧力ポイント。必要なリラクゼーションと落ち着きを精神だけでなく体全体にもたらしてくれます。
-色彩学によれば、神経を落ち着ける特定の色を見つめるだけで、色や光は感情的・精神的・身体的状態のバランスを整えるに使えます。
– 環境とふるまいに関するジャーナルで発表された2015年の研究によれば、水族館で魚が泳いでいるのを見るだけで血圧と心拍数が目に見えて下がることがわかりました。
-風船を膨らますとき、大きく息を吸います。これによって心拍数を制限して、もっとリラックスできます。
-笑顔は脳に「ハッピー」の合図を送ります。脳はそれに対して気分を改善させる様々な体の反応を起こします。本物の笑顔が難しいなら、嘘でもOK!

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です