信じられないほど大満足なDIYとライフハック21種

満足できるDIYとライフハック

この動画をライフハックの王様、偉大で強力なスライムに捧げましょう!^^

バタースライムの作り方

1.ボウルに230gの白い糊を注ぎます。

コツ: 私は大きなお徳用の糊を買っておくのが好きです。最も経済的ですし、注ぐのも計量カップで計るのも簡単で、一度にたくさんのスライムを作りやすいですよ。

2.重曹を入れる。

3.水を加えてよく混ぜる。

4.ベビーオイルとローションを入れて混ぜる。

5.コンタクトレンズの保存液を大さじ1加えて混ぜる。

6.スライムにはまだかなり粘り気があるのでテーブルに出す。粘土を入れると粘り気がなくなるので、この時点では粘り気があるのが正解です。

粘土を少し加え、折りたたみながらスライムに混ぜ込んで練る。スライムに色がついて粘土がしっかり混ざるまで練る。

7.練れば練るほど粘度は下がっていくので、普通のスライムのようになるまで練る。何回か伸ばしたり折ったりして、オリジナルの渦を作りましょう!

私と同じくらい、あなたもこのバタースライムのレシピを気に入ってくれたらうれしいです。粘土の代わりにコーンスターチを入れても同じような濃度になります。コーンスターチは、大さじ2~4ぐらい入れるのがおすすめです。

暗い所で光るスライムの作り方

1.材料を混ぜるボウルを用意する。

2.ボウルに暗い所で光る糊を1パッケージ全部注ぎます。すべて出し切るようにして下さい。140 gしか入っていないので、全部使わないと少しのスライムしかできません。たくさん作りたい人は、レシピの2倍の分量で作るのがおすすめです。

コツː レシピに書いてある水を糊の容器に入れて振ります。そしてそしてボウルに注ぎ、残った糊をすべて出し切りましょう。

3.重曹大さじ1/4と水大さじ2を加え、水が糊にしっかり混ざるまで混ぜます。よく伸びるスライムが欲しい方は、水をもう少し入れましょう(最大1/4カップ)。

4.コンタクトレンズの保存液をゆっくり加えます。まず大さじ1/2入れて、それからまた大さじ1/2入れます。ゆっくりと、必要量だけ入れてください。入れすぎるとスライムが伸びなくなります。

合計大さじ1入れたら、スライムを取り出して練り始めましょう。この時点でかならいべたべたになると思いますが、それが普通です。この暗い所で光るスライムを、べたべたしなくなるまで練り続けてください。べたべたがなくならない場合は、手にベビーオイルやローションを少しだけつけましょう。

注意点: コンタクトレンズの保存液にホウ酸が入っていなければ、スライムがうまくできません。おすすめブランドもご紹介します。「コンタクトレンズの保存液でスライムを作る方法」でご紹介するコツもご覧ください。

5.さあ、スライムを暗い所で光らせる前に、光で「変化させる」時がやってきました。できれば電気よりも明るい日の光に当てるのがおすすめです。明るい電気を持っているならそれでもいいですよ。スライムを変化させるときは、すべての部分に光を当てる必要があるので、広げて平らにするのを忘れないでください。

歯磨きのライフハックはなかなかクレイジーなのですが、すごく効果的なので、きっと毎日役に立つでしょう!

歯磨きの容器がほぼ空になっても捨てないで最後の1滴まで使い切りたいという心構え、いいですね!ぜひこのやり方を試してくださいː 容器の上の角を切り取って、ボディーソープや液体せっけんのディスペンサーを入れる。

すごくよく落ちる洗剤のレシピはこちらです!コーラを1本、ペットボトルに注いで歯磨きを入れます。それをスプレー容器に入れて、さびなど、セラミックや蛇口の汚れにスプレーしましょう。あとは流すだけです!

携帯のカメラやカメラのレンズをきれいにしたいときは、こうしてください。キャンドルの炎の上で卵を持ち、できた灰をコットンにつけます。そこに歯磨き粉を加えてレンズを拭きましょう。

タイムスタンプ:

0:47 夜のスライム

2ː33 ペンだこができる?

4:44 ガリバースライム

7:04 ペットのクラゲ

10:30 きれいなスクリーン

12ː15 ストレス対策ボール

楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です