未開の地で生き延びるための8つの方法

大自然の中で生き延びるには?それって可能なことなんでしょうか?やり方を知ってさえいれば、答えはイエスです。特別な道具がなくても、文明社会を遠く離れた地で生き延びるための8つの方法をご紹介します。

タイムスタンプ:
小屋を作る 0:31
水源を確保する 2:54
浄水器の作り方 3:34
植物が食べられるかどうか判断する 4:33
動物に噛まれたらどうするか 6:19
食事を準備する場所 6:55
自然の中を移動する方法 7:29
時計がなくても時間が分かる方法 8:16

概要:
- 乾いた平らな場所を探します。水域のすぐ近くは避けてください。また、岩が落ちてくる場所やがけ、枯れた木の近くも避けましょう。不安定で、下敷きになる可能性があるからです。
- 流れている水を飲む方が、たまり水を飲むよりもいいということを覚えておいてください。ですが選択の余地がないときは、浄水器を作りましょう。
- 必要なのは、空のペットボトルか容器だけです。どちらも手元にないときは、樺の木の皮で比較的簡単に容器を作ることができます。
- 食べられると思うものを見つけたら、まず匂いを嗅ぎます。ひどく不快なにおいでなければ、手首かひじの内側にその植物をこすりつけます。
- 未開の地に閉じ込められてしまったら、動物に攻撃されるのはよくあることです。そのため、動物に噛まれたときの対処法は極めて大事です。まずするべきことは、すぐにひも状のもので噛まれた手か足を縛ることです。
- 幸運にも魚や小さい動物を捕まえられたら、絶対に小屋の近くで準備したり調理したりしないでください。内臓や血は野生動物を必ずひきつけます。
- 一つ覚えておくべきことは、日没後は移動を続けないということです。夜に移動するのはいいことのように聞こえるかもしれませんが、実は最もリスクの高いことの一つです。
- 時刻を判断するには、太陽の位置と自分の手を使うことができます。この方法を使うには、太陽と地平線がはっきり見えている必要があります。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です