すごく助かる、お風呂の手作りアイディア18種

最高なお風呂の手作りアイディア

私は手作りの石けんが大好きです!今回は、アメジスト水晶の石けんの作り方をご紹介します。

1.4㎏の透明のソープベースを切り取って、4.7リットルのボウルに入れます。30秒から1分ずつ刻みで電子レンジにかけて、完全に溶かします。溶けた石けんのうち450gを小さい計量カップに入れて、残りは置いておきます。

コツː 計量カップはあらかじめ、電子レンジで30秒温めておくと石けんが急激に冷えません。スポイトを使って、450gの石けんに紫の着色料を3滴入れ、しっかり混ぜます。

アメジストのフレグランスオイルを12ml、紫の石けんに加え、よく混ぜます。

紫になった溶かした石けんの大部分を型に入れます。113gから170gほどは容器に残しておいて、紫の着色料をもう3滴入れましょう。これで色がもっと鮮やかになります。

濃い紫の石けんを、すでに型に流した薄い紫の石けんに注ぎます。スプーンかスパチュラで、少しだけクルクルと混ぜます。泡をなくすため、アルコールを少し振りかけます。

石けんを冷やして、表皮ができて固まるようにします。そうしたら、上から銀色の細かいラメを振りかけましょう。

アメジストのフレグランスオイルを18ml、色を付けていない石けんに入れます。そしてしっかり混ぜましょう。

石けんの温度がちょうどよくなったら紫の石けんにアルコールを振りかけます。透明の石けんの一部を紫の石けんの上にゆっくりと注ぎます。透明の石けん8オンスほどを戻し、もう一度アルコールを振りかけます。

コツː この段階では、温度を把握しておくのが大事です。無色の石けんを十分温かくしておき、すでに型に入っている紫の石けんに浸透させるためです。型に入っている紫の石けんの温度は48℃ぐらい、ボウルに入っている透明の石けんの温度は57℃ぐらいが理想です。

残った石けんはこの段階で、すでに冷たく固くなっているでしょう。もしそうなら、電子レンジで20~30秒温め液状にします。液状になったら、パールのように輝く白の雲母を15㏄加えます。

型に入っている石けんにもう一度、アルコールを振りかけて、注意深く白い石鹸を透明の石けんの上に注ぎます。透明の石けんに浸透していきますので、高すぎるところから注いだり、早く注ぎすぎたりしないようにして下さい。アルコールを振りかけて泡をます。そして完全に乾いて固くなるまで、数時間から一晩おきます。

アメジストの石けんの出来上がりです!^^

タイムスタンプ:

3ː30 トップスのしわを素早く伸ばす

6ː25 アメジストの石けん

7:35 家族の石けん

16ː55 気持ちいいバスマット

楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です