絶対に横向きや、うつ伏せで寝てはいけない5つの理由

どの姿勢で寝るのが一番健康的だと思いますか? うつ伏せではなく仰向けで寝るべき理由は何だと思いますか?寝る時の姿勢については、まあまあ寝心地が良くて、夢の世界に早く行ければ良いぐらいにしか、考えていない人が多いと思います。しかし、寝る姿勢には十分に注意を払う必要がある、ということが判明しているんです!この動画では、絶対に横向きや、うつ伏せで寝てはいけない5つの理由を紹介します!

タイムスタンプ:
筋肉と関節に負担をかける1:55

臓器を圧迫する2:45

胸焼けを悪化させる原因となる3.26

神経を傷つける可能性がある 4.28

早くシワが出来てしまう可能性がある5.34

他の良い睡眠習慣の取り入れ方7.:03

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:
-首や腰、おしりや膝の痛みで目が覚める場合は、仰向けではなく、うつ伏せか横向きで寝ていることが原因になっている可能性があります。

-うつ伏せや横向きで寝ると、臓器を圧迫するため、体に良くありません。 横向きで寝ると、横隔膜が自由な動きを妨げられ、やがて肺に問題を引き起こす可能性があるので、特に危険です。

-クリーブランド・クリニックによると、うつ伏せで寝ると胸やけを悪化させてしまう可能性があるということです。慢性の胸やけや、胃酸逆流で夜間に目が覚めてしまうのならば、仰向けか、左向きに寝てみてください。

-横向きで寝ているときに、頭を肩や腕の上でやすめるということは、肩の上から腕にかけて走っている神経を圧迫していることになります。 そのせいで、一日中、指がしびれっぱなしになる可能性があり、その日の手作業に悪影響を及ぼすかもしれません。

-皮膚科医のジェイミー・デイビスによると、顔の半分だけ枕に押し付けていると、その片方だけが長い時間圧迫され、シワができやすくなるということです。 仰向けで寝ていれば、これを防ぐだけでなく、皮膚が一晩中ちゃんと呼吸をすることが出来るのです。

– 簡単に眠りにつけるし、一晩中目覚めずに眠れるのに、朝起きたときにまだ体がこわばったように感じるのであれば、朝5分から10分間ストレッチをすることを日課にしてみてください。

– 夜中に脚が痙攣して目が覚めてしまう場合は、寝る前にストレッチをし、筋肉が固くなりすぎていないかを確認してみてください。 また、マッサージやヒートパッドを試してみることもお勧めです。

– 寝室が快適かをチェックすることも大切です。出来れば、室温が20〜22°C になるように設定してみてください。 これは理想の睡眠のために推奨されている室温です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です