現在居住可能な9つの惑星

人々はどんな惑星に住むことができるのでしょうか?現在までに地球規模の惑星が88億個発見されているという事実は、うれしい事かもしれません。 銀河系の中に存在するそれらの惑星の30個以上は人間にとって居住することの出来る可能性が非常に高いのです。科学者達は居住可能な惑星を発見しようと努力してきました。それらの惑星が、地球外生命を保有しているかはわかりませんが、それはそこに到着出来た時に心配すればいい事でしょう!

タイムスタンプ:
ケプラー62e 1:53
ケプラー62f 2:53
ケプラー186f 4:08
KOI 7711.01  5:34
ケプラー22b 6:43
グリーゼ581g 7:50
ロス128b  9:15
プロキシマ・ケンタウリb 10:31
トラピスト1  11:27

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:
-ケプラー探査機は、地球から1,200光年離れた、ケプラー62惑星系を発見しました。ケプラー62eは太陽系外惑星であり、水惑星であると考えられています。
– ケプラー62fはケプラー62eの近くに位置し、ケプラー62惑星系の中で2つだけの居住可能な惑星です。ケプラー-62fは水で完全に覆われている可能性が高いという研究結果が発表されました。
– ケプラー186fは、表面に水を液体として保つことのできる大気を持っている可能性があります。これは、私たちが知っているように、地球上の生命にとって必須のものです。ケプラー186fは太陽よりも温度の低い恒星を周回しているので、仮に私達がそこに住んだとしたら、地球上よりも遥かに寒いということになるでしょう。
– ケプラー惑星系よりも少し遠く、1700光年離れたところまで行くと、KOI 7711.01に遭遇します。それは「地球の双子」と呼ばれており、地球より30%ほど大きいのです。地球と同様に、太陽のような恒星を周回しています。
– ケプラー22bは地球の2.4倍の大きさで、太陽のような恒星を周回しています。そのため、この惑星は22ºC前後の快適な気温で、ちょうどよい温かさを感じますが、暑すぎることはないだろうと考えられています。
– グリーゼ581gは2010年9月に発見されました。わずか20光年しか離れていないんですよ!この枠しえは、植物や動物にとって、より良い環境であるかも知れないという点で、ケプラー22bよりも、もっと地球に似ていると考えられています。
– ロス128bは11光年しか離れていないため「地球の裏庭」に存在していると言われています。ロス128bは2017年に発見されました。
– プロキシマ・ケンタウリbは地球の1.3倍の大きさです。それは地球に最も近い温度の世界です。もしそこへ旅したら、地球とほぼ同じ気温を経験することでしょう。

– 40光年離れたところまでいくと、我々はトラピスト惑星系に遭遇します。 NASAは2017年にこの重要な発見を公表しました。 トラピスト1惑星系の7つの惑星はすべて地球に近い大きさで居住可能であり、1つの恒星を取り囲んでいます。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です