2週間で減量が期待できる15の簡単な方法

ダイエットや運動以外に体重を落とす方法はある?理想の体が作れない原因って?体重を落とすためには、厳しいダイエットや激しい運動以外にも方法があります!2週間で余分な体重を減らすちょっとしたコツがあるんです。今回のビデオでは、お腹の余分な脂肪を取り除く15のコツを紹介します。

音楽:
Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/ より

タイムスタンプ

甘い飲み物は避ける 1:14
緑茶を飲む 1:42
体に悪い食べ物は隠す 2:05
頻繁に歯を磨く 2:49
もっと笑う! 3:28
もっと水を飲む 4:13
2.5分のルールを守る 4:59
食べる量を少なくして、回数を増やす 5:45
電子機器の画面から明るいブルーライトを取り除く 6:34
カロリーを数えるのを辞める 7:24
寝室に冷たい空気を流す 8:07
昼間に寝ない 8:52
一週間に一度、自由に好きな物を食べる 9:37
ストレスを取り除く 10:12
十分な睡眠を取る 10:47

概要

―甘党の人は、ソーダや何かしらのフルーツジュースが飲みたくなることも多い。

―マーストリヒト大学のマルグリエット・ウェスタータ―プ・プランテンガ博士によると、緑茶にはカテキンと呼ばれる抗酸化物質がたくさん含まれていて、脂肪燃焼能力を高めてくれるそう。

―オハイオ州立大学の科学者が行った実験によると、不健康なお菓子は手に届く時ほど欲しくなってしまうそう。

―歯磨きは、歯を綺麗にしてくれるだけではありません!なんと、日中に歯を磨く事で体重を落とす事ができる。

―誠実な笑いは、得に腹部などさまざまな筋肉が使われるので、歩くのと同じ位エネルギーを使う。

―トレーニングをしている最中に5秒から30秒の激しい運動をし(例えば、バイクやトレッドミルのスピードを上げるなど)4分間休むと代謝が良くなり、プラス200キロカロリー消費する。

―頻繁に食べる事で、体に脂肪を蓄積しなくても大丈夫だという事を知らせる。逆に、食事をスキップすると反対のシグナルを送ってしまい、私たちは食べすぎてしまう。

―九州大学の生理学人類学科の科学者が実地した研究によると、明るい色は脳を混乱させメラトニンの生産を止めてしまう。代謝は、睡眠パターンや睡眠の量と質に大きく影響を与える。

―カロリーはすべてが等しい訳ではないからこそ、栄養士はカロリーに注目するのを辞め食品の品質に注意を払う事をおすすめしている。

―室内の温度が冷めたいと褐色脂肪(体を冷えから守る分厚い脂肪)に影響を与えるそう。結果、白い脂肪を分けて化学エネルギーを燃やし、熱を作る。

―日中に寝て夜に活動する人々は、睡眠時の燃やす脂肪が少ないと化学によって証明されている。

―オハイオ州立大学の実地した研究によると、ストレスは代謝を遅くするそう。もっと言うと、ストレスがあると、脂っこいものや甘いもの、そしてしょっぱいものを食べる傾向がある。

―しっかり8時間寝ると(夜の10時/11時から朝の6時/7時まで)代謝が良くなるんです。また、欲しくないお腹の脂肪を取り除くのにも役立つ。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です