有名な5つの錯覚アートの秘密に迫る!

目の錯覚、幻視は、あなたの脳や目が、どのようにあなたを騙すことができるのかのパーフェクトな例です。あなたの脳がどのように働いているかと言うのを知ることができます。しかし、全ての人が同じように錯覚に気付くわけではありません。ある一定の錯覚の効果をまったく目にしない人もいます。全ては、脳がどのように情報をプロセスするかによるのです。

タイムスタンプ

シルエット錯視 1:37

ハーマングリッドときらめき格子錯視 3:21

エビングハウス錯視 5:24

デルブール錯視 6:19

シドニーのオペラハウス錯視 7:17

シルエット錯視は女性のダンサーがつま先でクルクル回るような動的双安定の錯視です。それが、右回りに見える人もいれば、左回りに見える人もいます。加えて、人によっては、一定方向に回っていたダンサーが急に逆方向に回転するようにも見えます。錯覚は、視覚の奥行きのなさから引き起こされます。他に、ネッカーの立方体のような、同じ種類の視覚の曖昧さを基にした錯視があります。:萱原伸幸氏による
アニメーション By ブライトサイド

概要:

-この女性の回転する方向が右回りに見える人がいる一方、左回りに回転していると100%確信する人もいるのです。さらに、彼女の回転する方向を変えることができる人もいます。

-格子の交差する白い部分が、白からグレーになったりまた戻ったりします。一定の交差点に集中していると白く見えますが、ちょっと気を抜くとその部分はグレーになります。

-画像を見た全ての人は、右にあるオレンジの丸の方が大きいと言うことでしょう。けれど、これは、錯覚なのです!私たちの、関連するサイズの大きさ認識によるもので、右側の、小さいグレーの丸に囲まれたオレンジの丸は、左側の、大きなグレーの丸に囲まれたオレンジの丸よりも大きく見えるのです。

-今度は、2つの輪の中にある2つの黒い丸を見てみましょう。どちらの丸の方が、あなたには大きく見えますか?ほとんどの人は、左側の、小さい輪に囲まれたほうが大きく見えると答えます。実は、このふたつは、全く同じ大きさの丸なのです。

-オーストラリアのシドニーを訪れ、かの有名なシドニーハウスを見渡せるホテルに滞在するとしたら、あなたはこの驚くべき建物の名前を付けられた、「シドニーオペラハウス錯視」を経験することになるでしょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です