ペットの寿命を縮める10の重大な間違い

ペットにとって悪いことは何?ペットに害を与えるのは何?多くの人々が、ペットのお世話において、知らず知らずのうちに健康面での問題や寿命を縮めるような大変な間違いを犯しています。誰だってそんなことをしたいとは思わないですよね。今日は、ペットのお世話をする時、私たちが避けるべき主なダメ行為と、その代わりに必要なケアについて、一緒に見ていきましょう!

タイムスタンプ:

きちんとフードを選ばない 1:10

ペットを獣医さんに連れて行かない 2:02

ドアや窓を開けっぱなしにする 2:35

去勢をしない 3:17

グルーミングや歯の手入れを怠る 4:00

きちんと入浴させない 4:58

食卓の物をペットに食べさせる 5:52

じゅうぶんに気にかけない 6:27

首輪をチェックしない 7:13

犬を閉じ込めたままにする 7:52

インコ 8:40

モルモット 9:18

概要:

– ブランドを選ぶ前に、いつもまず、ラベルを読んでください。香料添加剤、とうもろこし、GMO(遺伝子組み換え作物)が含まれるものはダメです。

-動物病院での定期検診を怠らないように。たとえ、かわいいあなたのふさふさの友が獣医に行くのを嫌がるとしても、です!これは、病気やいろんな種類の問題が手遅れになるのを防ぐ、唯一の方法なのです。 

-塀やフェンスで囲まれ、定期的に寄生生物を駆除している庭でない限り、ペットを家の外に出さないようにしておくべきです。

-獣医はペットを去勢することを薦めます。なぜなら、実は動物が幸せに長生きすることになるからです。

– 早い時期から歯ブラシの習慣をつけることで、そのプロセスに慣れさせましょう。ペットストアには動物用の歯ブラシや歯磨き粉があります。

– ペットも入浴し、体を洗う必要があります。もちろん、ネコはいつも自分で毛づくろいをして清潔に保っているので、洗う必要はありませんが。

– 全ての獣医が、「人間の食べ物」をペットに与えるのはいけないことだと口を揃えて言います。単純に、ペットの消化器官は、私たち人間が食べるもののほとんどを、うまく消化できないからです。

– ペットは身体的、感情的、社会的に成長する為、社会化し人間と交流する必要があります。そうでないと、簡単に恐がり、攻撃的になり、反抗的になります。

-時折首輪がきつくなっていないかを確かめてあげましょう。ネコや小型犬の場合は、首と首輪の間に指が1本入るくらいがちょうどです。

– 犬は年齢や犬種にかかわらず、外に出て動き回り、他の犬と交流し、自由に探索する時間がじゅうぶんにないといけません。

– インコは、鳥かごの中に閉じこめたままにしないように。鳥も身体的な活動とある程度の楽しみが必要です。インコは社会性のある生き物で、少なくとも1日に30分間の遊びやコミュニケーションを必要とします。

– モルモットを買う時に覚えておいて欲しい、とっても大事なことがあります。広々と動き回れる場所が必要だということです。小さすぎるケージは、モルモットの生活の質や健康に害を及ぼします!

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です