料理を成功させる12のコツ

みなさんは料理を作るの、好きですか?過去に料理のトラウマを経験しているのかもしれませんが、心配しないで。それはすべて、過去の事!今回紹介していくコツを試すと成功する可能性が高くなるので、家での料理もより楽しくなります!

音楽
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ

平らなケーキの焼き方 1:06

フライパンにくっつかない魚 2:03

カラメル化された砂糖の不思議 2:43

種が混ざらないようにレモンを絞る方法 3:39

固まったブラウンシュガーの対処法 4:07

ケーキを上手に移動させる 4:45

ケーキをより長く新鮮に保つ 5:13

チョコチップの溶かし方 5:36

完璧なマカロンを焼く方法 6:17

砂糖の影響力 7:06

デザートの詰め物のコツ 7:36

完璧なスパゲッティへの道 8:21

概要

―ケーキストリップは、買うだけではなく自分で作る事もできます!古くなったタオルを切って、型の周りに巻いていきましょう。ただ覚えておいて、ストリップやタオルを完全に濡らすのではなく湿らすのが大切。

―フライパンで魚を焼く時に試したいくっつかせないコツがこれ。熱いフライパンと、冷たい油。油と魚を入れる前に、フライパンを熱しよう。

―マシュマロ、エンゼルケーキ、ファッジなどのお菓子に、軽くトーストした砂糖を加えてみよう。

―絞る前に、寒冷紗でレモンを包んでみて。これで、種が混ざる事なく、美味しい汁だけ絞る事ができる。

―ブラウンシュガーは、すぐに固まり硬くなる。しっかりと防ぐためには、砂糖が入った容器の中にマシュマロを入れてみよう。

―上手にケーキを移動させたい時には、お皿に乗せ、焼き串や爪楊枝を周りに貼り、ラップしよう。

―もし一度でケーキを完成させる事ができず、新鮮な状態で保ちたい場合には、爪楊枝を使ってケーキの空いている部分にパンを取り付けましょう。

―チョコチップを耐熱ガラスの中に入れてスロークッカーの中に入れよう。500mLほどの瓶がちょうど良い。スロークッカーの中に、瓶の半分くらいまでお湯を入れて、瓶に水が入らないようにしよう。
―シリコンベーキングマットは、マコロンを焼くのに一番適していて、ペストリーバッグを使うと均等に分配ができる。マカロンはベーキングシートの上に20分置き、少し硬くなったらオーブンに入れよう。

―砂糖の含まれていないケーキは重く、淡く、平らで、ついついよだれが出てしまいそうな香りもしない。逆に、砂糖が多く含まれているケーキは味に深みがあり、大きく、ふわふわする。

―最も覚えておきたいのが、適切な比率と温度。例えば、チョコレート1、ホイップクリーム1で同じ比率で混ぜると、ケーキの詰め物として使える。また、時間が経って泡立ちが収まるとトリュフが作れる。

―イタリア人は、パスタの水は「海のようにしょっぱく」する必要があると言っている。海のようなしょっぱい効果が欲しくないという人も、塩を足してみよう。塩は、パスタの味を引き出してくれる。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です