トイレに流してはいけない11の物

トイレに流してはいけない物って?配管業者によって、ペットボトルやレンガ、そして服なども見つかっています。もちろん、普通の人はこれらの物をこんな形で捨てません。でもデンタルフロスやトイレットペーパーなど最も無害なものでさえ、パイプの詰まりの原因になるという事は知っていましたか?

音楽:
Epidemic Soundより  https://www.epidemicsound.com/

タイムスタンプ

トイレットペーパー 0:54

デンタルフロス 2:24

チューインガム 3:03

絆創膏 3:37

コンタクトレンズ 3:58

猫の排泄物 4:26

塩素系漂白剤 4:53

フェイスマスク 5:33
 
茶葉 6:05

プラスチック袋 6:23

「トイレに流しても大丈夫」と記載されている商品 7:02

概要
―国によって、トイレットペーパー処理の問題に対する人々の考えは違う。トラベラーのマットー・キトソンは、実際にやってはいけない国について紹介するサイトを作った。

―デンタルフロスは、トイレに流す事が害に思えないかも。でも、実際は繊維状物質なので、パイプの中に積み重なり、詰まってしまう。

―チューイングガムは水に溶けず、パイプにくっついてしまい詰まる原因になる。だからこそ、このようにガムを捨ててはいけない。

―傷口を防ぐ一般的な絆創膏は、いろんな成分でできている:油脂、ワックス、ゴム、そして他の成分。このようなものは、もちろん水に溶ける事もなく、家のパイプを詰まらせてしまう。

―コンタクトレンズは長年分解しないポリマーで作られている。もちろん、小さなレンズはパイプをブロックする訳じゃないけど、環境には間違いなく害を与える。

―専門家は猫の排泄物を流す事をおすすめしない。数時間経つと、排泄物は固まりパイプのどこかにくっついてしまう。

―塩素をベースにした洗剤は非常に強く、使いすぎるとパイプにダメージを与えてしまう。

―クレイマスクなどはトイレに流さないで。小さな粒子は最終的にパイプの中に積み重なってしまい、詰まりの原因になる。

―茶葉はものすごく小さくて無害に見えますが、実際はそうではない。時間の経過と共に、茶葉はパイプの中に積み重なり、取り除くのが難しいくらい詰まってしまう。

―プラスチック袋は、ほんの少しでも流してしまうと危険:トイレが詰まってしまい、もちろん、環境に害を与えてしまう。

―商品の裏に、トイレットペーパーを流しても大丈夫、と記載している商品のほとんどは、商売の策略。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です