こういう彼とは結婚しないで!要注意な10の行動

あなたのパートナーが、一生を共に過ごすべき最良の人かどうか知る方法。健全な恋愛関係が長く続くためには、尊重し合うこと、信頼、理解、心から相手を大切に思う気持ち、相手の魅力に惹かれることが不可欠です。この基本的な土台がなければ、関係が続く可能性はほとんど、または全くないと言っていいでしょう。結婚すべき人かどうか見極めるために、注意するべき10の項目を集めました。

タイムスタンプ:

言い訳ばかりする 1:17

短気である 2:20

無責任である 2:56

敬意がない 4:23

独占欲が強く嫉妬しやすい 5:32

あなたのプライバシーを侵害する 6:35

ダブルスタンダードをあてはめる 7:28

根本的に価値観が合わない 8:15

あなただけに頼る 9:15

あなたの足を引っ張る 10:12

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:
‐ 自分の責任を認めない人には、あなたと付き合う権利はありません。大人になるということは、自分の行動に責任を持ち、間違いを犯したときは素直に認めるということでもあります。

‐ あなたのパートナーが怒ったときに叫んだり、わめいたり、物を投げたり、壊したりするなら、関係を続けるのを考え直したほうがいいという赤信号です。

‐ 大まかなルールとしては、過去に一度も一人暮らししたことがない人とは真剣な関係にならないことです。20代に入ってもずっと実家に住んでいる人は、何でも他の人にやってもらうことに慣れきってしまいがちです。

‐ あなたに限度があることも尊重してもらわなければなりません。あなたがしたくないことがあるなら、相手はやらせようと躍起になるべきではありません。あなたが話したくないことがあるなら、相手は話すことを強制するべきではありません。

‐ あなたが他の人たちと時間を過ごすのを嫌がるぐらい、ベタベタとしがみついてくるのであれば、それはあなたを孤立させようとしているからです。これも虐待のサインです。

‐ 誰かと付き合い始めたからといって、お互いの生活の何もかもを知らなければならないということにはなりません。教えたくないことがあるなら、教える必要はないのです。

‐ 一人のために、相手が犠牲を払うことを強制されるべきではありません。恋愛関係は平等でなければなりません。一人だけがいつも与えたり、反対に与えてもらったりするだけではうまくいかないのです。

‐ もちろん、反対同士は惹かれ合います。ですがそれは猫好きな人が犬好きな人に恋したり、都会ずれしたひとと田舎者のカップル、というようなことです。根本的なことがずれていたら関係はうまくいかないのです。

‐ 健全な関係にある大人は、互いに頼り合います。あなたが心底必要とするときに相手の助けを得られないなら、その相手はあなたにふさわしくありません。その反面、あなたが頼れるのはパートナーだけであるべきではありません。

‐ いつもあなたのやる気をそいだり、あなたの成し遂げたことをバカにしたり、批判したりする恋人は、言葉の上でも精神的にもあなたを虐待しています。あなたにはもっといい人と付き合う価値があるということを忘れないでください。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です