プールでのおしっこは思っているよりも危険!

プールはお好き?プールでのおしっこを禁止する注意書きを目にすることもありますが、多くの人は塩素があるから大丈夫だって思っていませんか?今回の動画では、プールでのおしっこが危険な理由をご紹介します!

タイムスタンプ

一般的なプールに含まれるおしっこの量 2:35
塩素は何から守ってくれるのか 3:21
汚染されたプールの水から拾う病気は何か 4:10
予防策 6:40
黒死病が流行らなくなったのはなぜか 7:56

概要:
-アルバータ大学の計算では商業用プール83万Lには75Lのおしっこが含まれていることがわかりました
-プールの塩素がバイキンを殺すというのは誤った知識。バクテリアやウィルスを破壊し無力化することはできますが、おしっこの尿素と接触するとうまく働くことができなくなります
-塩素は大腸菌を1分以内に殺し、A型肝炎ウィルスを16分で殺し、ジアルディア寄生虫を45分で殺し、クリプトスポルディウム寄生虫を10.6日で殺します
-ジアルディアは人に最も多くみられる寄生虫。2013年には2億8千万人がそう診断されています。ほとんどは発展途上国での話ですが、プールでの感染爆発のリスクは常に存在します
-プールに入るときに取るべき予防策
-黒死病で人が死なない理由はなにか?それは通りにおしっこやうんちを撒き散らすと良くないことに人々が気づき始めたから。結果上下水道が整備されることになりました

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です