ペットとして飼うことができる10のエキゾチック・アニマル

エキゾチックなペットを飼う方法。スカンクやフェネック、またはカピバラなどペットとして飼うことができます。そういった生き物を飼うには多大な努力とお金が必要とされます。でももしあなたが責任を持って飼ってみる!と決めたなら、所有者として必ず守らなければならない重要なルールがあります。

タイムスタンプ

カピバラ 1:22
フェネック 2:48
ウーパールーパー 4:04
フクロモモンガ 5:38
ジェネット 6:54
ハリネズミ 8:03
フロリダブルー 8:59
キンカジュー 10:07
キツネ 11:11
スカンク 12:50

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:
-齧歯類だというのに、カピバラという動物は65キロ程の巨体を持っていて、実は非常にフレンドリーなんです。高い知性を持っていて、猫、犬、そして鳥など誰とでも友達になることができます。さらに非常に従順で凶暴性などは全く見せず、ペットとしての躾も簡単に行えるんです。

-この小さなキツネはチワワと同じサイズで、体重は1.5kg以下です。最近ではペットとしての人気がますます高まっています。フェネックはいつもエネルギーいっぱいでとてもフレンドリーな動物です!

-全国で人気のあるペットであるにもかかわらず、ウーパールーパーは今絶滅の危機に瀕しています。ですので、自然に生息している場所で捕獲することは禁止されています。ですが、自宅で飼育することは決して違法ではありません。

-フクロモモンガは信じられないほど愛情豊かで、飼い主とその他のペットたちに対してもとても愛らしく接することができる動物なんです。モモンガという種は決して攻撃的ではなく、飼い主の声を判断することができ、簡単なコマンドを使い訓練することができます。

-そんなエキゾチックな外見にもかかわらず、ジェネットという動物はとても大人しい生き物なのです。求められることは定期的な給餌とトレイの清潔さです。

-ハリネズミは基本的に捕食をする側であり、生の肉を普段から与えなければならないということを忘れてはいけません。

-フロリダブルーザリガニに必要な空間はまずきれいな水、それから大きな水槽、そして身を隠すことができる場所です。

-キンカジューは好奇心旺盛で、飼い主がどこへ行くにも、ついて行こうとして肩や膝にくっついてきます。新しい環境であってもすぐに慣れるので、ペットとして迎える事に問題は何もないでしょう。

-キツネにはかなり変わった特性があります。キツネというのは情が深い種ですが、孤高の存在でありまた好奇心が強い動物です。また信頼を築くこともでき、遊び好きでもあります。この生き物と心を通わせるには長い時間がかかります。あなたの忍耐が試されるでしょう。

-スカンクは犬のように愛情豊かで、そしてとても忠実です。飼いならされたスカンクは決して家で牙を剥く事はありません!基本的には、定期的に爪を整えたり毛を梳いたりすることが必要とされるだけです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です